top
☆ きまぐれな一期一會 ☆
徒然なるままに、へっぽこ夢太郎(@_@)!のきままなノート !!
≪ 2018 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2018 03 ≫

ウムッ!こりゃ何だ?

 ワンちゃんの右にある物体は何だ
ウムッ!こりゃ何だ?
象の足  サイの足  はたまた巨木の根っ子   

一体何だと思われますでしょうか

答えは続きを読むへ 👇

→続きを読む

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

謹賀新年


謹んで新年のご祝辞を申しあげます。

お健やかによき新春をお迎えのことと存じます。
旧年中はへっぽこブログにご訪問、有難うございました。
本年も昨年同様、よろしくお願いいたします。

2018日の出
宮古島東平安名埼の日の出(合成写真)



1年の最初の月は1月。なのに何故、正月というのでしょう?
 正月とは、年頭の祝いをする三が日から松の内までをさします。
正月の語源
*事物の起源や語源・語義を解説した室町中期の類書
「あいのうしょう」の説が有力とされています。
 「政治に専念した秦の始皇帝の降誕の月をセイグヮツ(政月)と
  言っていたものが、
正月と書かれるようになり、シャウグヮツと
  改められた」という説があります。
  (
正月の旧かなは、「シャウグヮツ」)
*正の字の元々の意味としてある「あらためる」という意味から
「あらためる月=正月」となったという説もあります。


さて、2018年(平成30年)干支は戊戌(つちのえいぬ・ぼじゅつ)
十二支:戌(犬) 11番目
    戌が11番目なのは、「犬は寄り道するから」とか。
    ちなみに、ずる賢くて足が速いねずみ(ね)が1番。
十干:戊(つちのえ・ぼ) 5番目
   戊戌は干支の中で35番目になり、西暦が始まってこれまで
   33回訪れました。


戌(いぬ)年の干支の性格
愛情が深く、派手なことや社交的なことは好みません。
弱者を助けるため、信頼を集め、リーダー的な存在にも適しています。

自立心が強く努力を惜しみませんが、「頑固」な人も多いそうですよ。

今年は戌年、ワンちゃんの年ですから、
元気よくわんわん吠えて、
ナンバー
ワン、オンリーワン目指し新たに前進、
幸せがわんんさと訪れますよう、ワンダフルな
明るい年にしましょう。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


(20180101

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

碧空に聳え立つ峰々!

    塩見岳                悪沢岳 中岳        赤石岳
南アルプス
                                                  <南アルプスの峰々>

 
今年もあと半月、12月になると1年の経過が早く感じます。
年末年始、特に何をするわけでもなくても気忙しい師走だ。
師走の意味・語源には、
*師は僧侶を指し、日本には昔から年末になると
 お坊さんが自宅訪問し、お経を唱える風習がありました。
 「師が馳せる」から師走になったという説。
*12月は一年最後の月、年が終わるという意味で、
 年果つ(としかつ)が変化し、→としはす→しはす→しわす、
となり、当て字で「師走」になったという説。
気忙しい月ですが、事故や体調に注意し一年の幕を閉じましょう。


中央アルプス駒ケ根SA 宝剣岳 Googleマップストリートビュー
  <中央アルプス>     <宝剣岳>     <Googleマップストリートビュー>

写真は11月末、南信州のリンゴ狩りのお出かけPhoto。
お天気に恵まれ快晴。
碧空に聳え立つ初冬の冠雪した南アルプスと
中央アルプスの峰々。雪山は凛として心に響く。
駒ヶ岳サービスエリアではGoogleマップストリートビューの
撮影車に遭遇した。
信州リンゴも美味でしたが、雪山に魅了されたお出かけでした。

(20171215   )

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

「永平寺」 紅葉参拝~201711

 寛永2年(1244)に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場。
四方を山に囲まれた深山幽谷の紅葉です。

 
(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に表示できます)

(20111123

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

「養浩館庭園」紅葉~201711

 福井城の北に、福井藩主松平家の別邸名勝庭園があります。
飲料用水路「芝原上水」を引き込んで池を造り、
御泉水屋敷となったと考えられています。
孟子の言葉「浩然の気を養う」に由来し、
松平春嶽によって「養浩館」と名づけられました。
回遊式林泉庭園となっており、さまざまな景観を楽しむことができます。
紅葉に色ずく庭園の映像をご笑覧くださいませ。


(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に表示できます)

(20171122

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

Copyright
Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
天気予報
最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内の検索
FC2カウンター
biogrom
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
リンク
Pika_Mouse
powered by
3ET
QRコード
QR
飛び回る小鳥たち