四季たより

ここでは、「四季たより」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫

  春近し。
初春の花が春の到来を告げる。
今年は遅れている桜の開花はもう目の前に・・・

初春の花1
自然への愛「木蓮」
初春の花2     初春の花3

初春の花4         初春の花5

初春の花6  初春の花7
       老木にも若き枝に命蘇る

老木に負けないよう精をつけて生きていこう!

(20170331

 雪やこんこ、あられやこんこ 降っても降っても まだ降りやまぬ

暖かかったお正月から一変、14・15日は日本の北から南まで雪国に返信

 犬は喜び 庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる

子供も元気に庭かけ回る、大人はお家でうずくまる。

子供が作った雪だるま、ちょっとお化粧してみた写真集で~す。

雪だるま2017-1        雪だるま2017-2
大きさ(H) 15㎝        15㎝


雪だるま2017-3   雪だるま2017-7
  40㎝         30㎝


雪だるま2017-5   雪だるま2017-4
30㎝            30㎝


雪だるま2017-8   雪だるま2017-6
70㎝             20㎝

まだまだ寒い冬、インフルエンザも流行っているのでお気を付けてください。


(20170115   )

謹んで新年のお祝辞を申し上げます

おすこやかによき新春をお迎えのことと存じます。
旧年中はへっぽこブログにご訪問、誠にありがとうございました。
本年も昨年同様、よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


酉年賀状2017 



   酉年あれこれ  

「酉」の本来の読み」は「ゆう」。
口の細い酒壺を描いたもので、「酒」に関する字に用いられ、
収穫した作物から酒を抽出する意味や、収穫できる状態から「実」も表す。
すなわち、果実が成熟した状態を表していると考えられる。

これを「にわとり」にしたのは、一般の庶民に十二支を浸透させるため、
動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

十二支とは、古代中国で生まれ、年や時間、方角を表すための記号で、
干支での漢字は、「鶏」ではなく「酉」と表されます。
干支は十二支と、十干と言われる記号を組み合わせたもので、全部で60通りの
年回りとなり、干支すべてを一回りした年が還暦となります。

60種類もある干支占いで、酉年の場合は、癸酉、乙酉、丁酉、己酉、辛酉の5種類。
    癸酉は穏やかでやさしい家鶏
    乙酉は引っ込み思案で消極的な水鶏、
    丁酉は負けず嫌いで勝ち気な闘鶏、
    乙酉は自由を好む野鶏、
    辛酉は努力家で強い軍鶏、
   と、それぞれの酉年うまれにも、特徴が性格に現れています

又、酉年の「とり」は、「にわとり」のことを指しており、5徳を備えるといわれています。
武士が備えるべき5つの徳・・・知・信・仁・勇・厳。
洞察力に優れ、細かいところにも良く気がつき、客観的にものごとを見て判断が
でき論理的というわけです。

酉年生まれの性格
理想が高い、慎重である、負けず嫌い、表裏がある、ずる賢い、楽をしたがる、
世渡り上手、自己中心的、頑固、先を読む力を持つ。
長所・・・頭の回転が早くバランスが取れているところ。
短所・・・負けず嫌いでプライドが高く、対人関係では自分本位になりがち。
従って、楽を好まないことが、成功者へのカギとなるようです。

仕事・・・責任感が強くマメなので、どんな仕事もソツなくこなす。
   知恵深く思慮もあり、名誉を尊びますから、芸術を志願すれば
   天職として栄達する可能性が多く、書家、画家、彫刻家、文学、
   音楽、陶芸、写真、学者などが第一の適職です。
金運・・・経済観念は強いのですが、浪費癖がある。
恋愛・・・慎重で真面目な付き合いを望んでいる。
相性・・・辰、巳、未、申との相性が良いとされる。
病気・・・時候の変化によって体調を崩すことがある。
            眼病、肺病、耳鳴り、女子は難産などを起こすので要注意。
酉年生まれの有名人
 黒柳徹子さん・・・頭の回転の早さ、ユニセフ活動で他を救う気持ちの持ち主。
 豊臣秀吉・・・大胆な政治戦略、迅速な行動力を発揮。

2017年 酉年の運勢 👉 チャレンジによって道が拓ける年となりそう。

以上のような情報のまとめとなりましたが、
さて、酉年の皆さんは心当たりがありましたでしょうか。
持ち合わせた才能を発揮されるようお祈り申し上げます。


(20170101    )
     春爛漫!  桜満開!
   東谷山桜1 
  
  日本人は3月下旬になると、なんだかそわそわしている。
そうだ、桜の開花が気になってしかたがないのです。
寒い冬から解放されて、今年も4月に入って一気に各地で桜が満開!
桜の開花は日本人の心に沁みついた感情なのでしょう。

観光地は外国人が多くなり、日本の風物詩を楽しまれているようですね!
政治の世界では、国の関係は対立軸があり難しいところ、
庶民の外国人との関係は、共に楽しみ、共に友好関係でいたいもの。
国を越えて、平和という宝物を大切に守っていきましょう!!

4月2日東谷山フラワーパークの「シダレザクラまつり」に出かけました。
ソメイヨシノ満開、約1000本のシダレザクラはまだまだ咲きはじめでした。
ここでも、多くの外国人の方が来園されていましたね!
 東谷山桜3  東谷山桜2   
  ママは花よりスマホ       

東谷山桜4 東谷山桜6 東谷山桜5 

  東谷山桜9     東谷山桜7
        ユキヤナギ  

東谷山桜10 東谷山桜12 東谷山桜11
 アメリカから里帰り       奇形の幹をもつシダレザクラ

東谷山桜15 東谷山桜13 東谷山桜14

<フルーツの花たち>
  東谷山桜17リンゴ   東谷山桜18アーモンド
   エゾノコリンゴ(バラ科)        アーモンド(バラ科)

  東谷山桜19ナシ    東谷山桜16カジイチゴ
    ナシ(バラ科)         カジイチゴ(バラ科)

<草花>
東谷山桜21 東谷山桜20リナリア
                リナリア(姫金魚草)
東谷山桜22ムスカリ 東谷山桜23ホトケノザ
    ムスカリ         雑草のホトケノザ

最後におまけのお楽しみ。
続きはこちらだよ!

[東谷山フルーツパーク 枝垂桜まつり 201604]の続きを読む
 昨年末から、良い天気の暖冬が長く続いていました。
20日朝、あれっ!? 窓の外は雪景色!

最近の気候は極端に変化するね~!
やっぱり温暖化の影響で地球が変かな!
こんな地球に誰がした? 人間?????

通行人が雪道で怪我しないように雪かきをした。
その成果は雪だるま!snowman4.gif 21*32

カメラに収めて、ちょっと、いたずら編集!
左の雪だるまは高さ1.2m。 右の雪だるまは高さ70㎝。

  雪だるま1       雪だるま2 

雪だるま写真編集のお遊びでした。

(20160120  )






   年賀状
    2016年賀申
         
 本年も良き年となりますよう
               新年挨拶 ご多幸
2016申挨拶 本年もよろしく 

                                                      <素材は「うしちこ母作」をお借りしました>



2016年の干支は丙申(ひのえさる)。申年について調べてみよう。

申年の由来と特徴
干支の十二支はかつて中国で農業を行う際に暦として使われていた農業用語で、
農作物の成長過程を12段階で表す意味を持つ。
日本には十二支が江戸時代に言い伝えられ、一般庶民でも分かりやすいよう
十二支に動物が当てはめられ、広がったと言われています。

干支の申は、猿とは関係のないものでしたが、動物の猿が割り当てられました。
申という字は「樹木の果実が熟して固まっていく様子」を表したもので、
猿は木との関係が深い生き物ですから、相性が良いのかもしれませんね。

申は1年では7月、時間は15~17時頃、方角は北よりの南西。
占いの「五行」では「金」の属性、陰陽では「陽」の属性を持つとある。

申は本来「しん」と読み、「のびる」や「もうす」という意味があります。
申は「雷」の原字であり「稲妻」を表した象形文字で、神の技という意味もある。
申には病や厄が「去る」と、縁起の良い云われもあるので神社なので祭られる。

犬猿の仲と言われるようにサルとイヌは仲が悪いので、トリが間に入ったという
面白い逸話もありますね。

申年にまつわる言い伝え
 「申年に申年生まれの人に赤いパンツを買ってもらうと、寝たきりにならずに済む」
 「申年、申の日にパンツ4枚贈ると死が去る(サル)」(駄洒落!?)
 老後の健康で長生きの秘訣かもしれませんね~???
 さらに、「申年に赤い下着を贈ると病が治る」とか、
 「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの言い伝えがあり、
 何故か、申年のプレゼントは赤い下着にこだわった面白い風習があります。


超ポジティブな宴会盛り上げ担当!
 申年の人は、猿が木の上を飛び回るような活発さと、明るい人付き合いが得意。
 
機智に飛んだウィットで人を笑わせ、常に新しいものを求めている。
 宴会の席では持ち前のサービス精神から、場を盛り上げる宴会要員として重宝。
 自信過剰で自己中に陥りやすいのは弱点かな。

頭の回転のよさと行動力で成功をつかむ
 思考・発想・行動力がほかの生まれ年に比べ抜き出ており、成功へと上り詰めていく。
 申年生まれにぴったりの言葉は「チャレンジャー」
 口が立ち、頭の回転もよく、周りの人からは楽しい人と喜ばれるが・・!?

クセモノ 
 
頭の回転が早い分、ダメだと判断した時点で、すっぱり切り捨てられる潔さを持つため、
 この切り替えの早さが、「飽きっぽい」「冷徹」と見られることも。
 抜け目ない、油断できない「クセモニ」と思われることもありそう。
 正義感が強く論争なども白熱して責めてくるため、敵に回すと厄介な存在と思われる
 こともある。

恋愛傾向
 
恋愛でも木から木へ飛び移る猿のように、ひょいひょいと相手を変えることがあり、
 広く浅い性格から、たくさんの異性のお友達を持つことも。
 またすぐ次の人が見つかるさ~と。「去るもの追わず」ということかな。
 「軽くて激しい」浮気性???

申年の申し子
 
織田信長の下でサルと呼ばれて出世した「盛り上げ要因」
 一夜城から見える「回転の速さと行動力」
 天下人となった「抜け目無さと冷徹さ」
 家康に敵視され続けた素質「クセモノ」
 もうお分かりのとおり、豊臣秀吉は申年らしい特徴をもつ人でしたね。

ネット情報を拾い上げてみましたが、申年生まれの方、思いつく節はありましたか

申年生まれの人と一緒に行動すると新しい発見があるかもね!

明るく楽しいことが大好きな申年生まれの人、おさるさんのような行動力を発揮!、
皆さん、2016年を元気よく明るく楽しい年にしてください。


(20160101 )

 晴れが続き雨が恋しと思いきや、集中豪雨が続く異常気象。
早々と今年も台風がやってきた。
大型台風11号も豪雨で日本列島を痛め続け通り過ぎていった。
そろそろ、梅雨も明けそうだ。

我が、家庭菜園もこんな異常気象の中で頑張ってくれた野菜が実を付け、
ぼちぼち、収穫できるようになりました。
一本の苗で30個は採れるというキュウリは今年も馬鹿成り。
トマトも元気に実をつけまあまあ。大玉はひび割れ、虫食いでちょっと厳しいね!
なぜか、昨年豊作であったナスの収穫が少ないな~。
写真はスイカ、カボチャのつるものの収穫です。
     スイカ・カボチャ
スイカは小玉。一本の苗で13個も実をつけた。大きさは直径約15㎝。
多すぎて味の心配があったが、現在の収穫では甘みたっぷりでとても美味しいよ。

かぼちゃは知人から戴いた苗で新しい品種に挑戦。
・長いのは約35㎝の「宿儺(スクナ)カボチャ」。
 古くから岐阜県高山市丹生川町周辺で自家用野菜として栽培されてきた
 飛騨の伝統野菜。名前の「宿儺」は、丹生川に古くから伝わる神話の主
 「両面宿儺(りょうめんすくな)」にちなんで命名されたそうです。
 果肉は濃い黄色で肉厚。ホクホクした食感で甘みがある。
・赤いのは「打木赤皮甘栗カボチャ」。
 金沢市安原地区で栽培が始まった加賀野菜。
 果肉は厚い。甘くてしっとりとした味わいです。


(つぶやき-日本の嵐)
今年の台風は幾つやってくるのだろう。
台風、地震と日本列島はいつも災害の危険にさらされています。
そればかりではありませんね!
国会にも嵐が吹き荒れ、日本の未来怪しくなってきました。
安保法案、国立競技場、原発再稼働、国家財政借金の増加・・・と。
これらの状況を国民は良く理解出来ているのかな~?
今の日本人は政治に無関心であったり、他人事に思ったり、
利己の欲で他人を傷つけたり、何かしら、平和ボケしていないでしょうか?
特に、若い人たちには、国政が自分に係わってくることを自覚しているでしょうか?
政治家は国民から選ばれた代議員。国民の代表として議事や議決に参加する人。
政治家が国民の意志に反して政治を進めることは勿論許されないが、
もし、政治で道を間違えることがあったなら、その災禍を受けるのは国民であり
それは政治家というよりも国民の責任となってしまう。それでは後の祭りだね。
やっと若い人たちの一部に政治に関心を示し声をあげるようになったのは救いですが、
国民がもっと政治に関心を持って、声を国会に届ける努力が必要なのですね。

(20150720  )

 3月・4月のスギ花粉もようやく収まって、春爛漫!
日本の四季は、いろんな花の開花が続いていますね!
ちょっと、通りがけに発見 
明治村の湖畔入鹿池にみごとな「つつじの花回廊」を見つけました。

入鹿池つつじ201505   
<Fhoto:5月3日撮影>

(20150511   )
 4月に入ってお天気は時雨模様となってきた。
しばらくはぐずついた雨の天気が続くという。
折角、桜が見事に咲き誇っているというのにね~、
早々と散ってしまうのかな~・・・。

 通りすがりに携帯写メで撮った平凡な写真です。
2015桜  2015桜2
                        木蓮とさくら




 2015桜3 2015桜4
 2枚の写真を結合したらこんなんになっちゃいました。継ぎ目がわかるかな~?
2015桜w 

(20150402   )


  春だ~~
3月下旬になると、やっぱり春らしくなってきました。
桜も三分咲きくらいか!? 花見シーズンの幕開けです。

とある親類のお宅で目に止まったオブジェ。
ワン公の園芸作業なのかな!? 

   春オブジェ1   春オブジェ2  

(20150328  )