≪ 2011 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2011 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

天竜川下り船、渦に巻き込まれて岩壁に衝突し転覆。
行方不明3人、死者は2人となった。ご冥福をお祈りします。

川下りは流れが急になって渦がまき、スリルを求めて渦に入るのは
コースの見所の一つになっている。
危険があるからスリルを感じ、スリルがあるから危険をともなう。
スリルと危険は背中合わせなのです。

救命胴衣は12歳未満には義務付け、12歳以上は努力義務。
各座席に正方形の座布団型救命クッションが置かれ、クッション両脇の紐に
手を通せば浮き輪代わりになるというもの。
いざ、船が渦に巻き込まれて揺れだした時、果たして膝に置いたり、
尻に敷いたりしたクッションを取り出して手を通している余裕などあるであろうか?

報道に、乗客全員に着用の義務付けられない理由を中部運輸局は
「大型客船で長距離移動する場合など、ずっと着けさせるのは難しい」とか、
川下りを運行する各社も「観光客を束縛するような安全基準を作りつらい」とあった。
危険性のある川下りは10キロぐらいまで、小さな船で長距離移動といえるだろうか?
着用義務と人命とどちらが大切か。本末転倒もはなはだしい。 

川下りをめぐっては、過去にも多数の事故が発生している。
救命胴衣を積んでいればよいのではなく、着用しなければ意味がないもの。
安全基準と管理を徹底的にマネジメントしてもらいたいと願う。

さて、川下り(船頭付き)は天竜下りの他に、長瀞ライン下り、 保津川下り、
球磨川下りなど全国の川にありますね。
8月上旬に木曽川を下る「日本ライン下り」に乗船しました。
愛知県生まれの地理学者「志賀重昂」が美濃加茂市から犬山市までの
木曽川の渓谷の風景がヨーロッパ中部を流れるライン川に似ていることから
この渓谷に「日本ライン」と命名したため、
この渓谷の川下りを
「日本ライン下り」と名前がついとのこと。

乗船記録をコンパクトデジカメ  で 動画スライドショーにしてみました。
 同じ船にご乗船いただいた一部の方にキャストとしてほんの少しご出演いただきました。
あしからず、ご了承願います。
それでは、女子十二楽坊 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(タイタニックのテーマ)」 の
 調べに乗せて川下りをお楽しみくださいませ。


(20110819   )


「暑い!暑いですね!」 最初の一口目に出てくる言葉。
今年の夏も厳し~い猛暑の日が続いています。

さて、夏の風物詩に鵜飼があります。
尾張地方では岐阜の長良川鵜飼と犬山の木曽川鵜飼がある。
どちらも夜空に山の頂上で浮かび上がる城を背景に
篝火を炊いて川面を赤々と染めながら川を下る鵜船。

8月上旬に長良川鵜飼に出かけました。
屋形舟で  ビールを片手にグイィ
食事を戴いて後、鵜匠の手縄さばきを見物。最高

7年前に購入した400万画素しかないコンパクトデジカメ
闇夜の中、鵜飼の模様を動画にて撮影してきました。

動画スライドショーの画質は デジカメとブログ掲載の都合により、
フルモードではちょっとばかり荒いですが
お時間がありましたらご笑覧くださいませ。

夏の風物詩を少しでも感じていただければ光栄です。



(20110812     )



夏に咲く巨大な花!  向日葵(ひまわり)だけではありません。

タイタンビカス ピンク     タイタンビカスred   タイタンビカスwhite 
街角で見つけた巨大な花、花の大きさは子供の顔(直径15~25cm)ほどもあり、
真夏の盛りに次々と咲き乱れ、その美しさと存在感に圧倒されてしまうほどです。
畑に植えられた持ち主のおばちゃんは
「ハイビスカスのような花姿から巨神 『タイタン』にちなんで、
タイタンビカス』 と名づけられたのよ」 と説明してくれました。  

赤塚植物園でアメリカフヨウとモミジアオイの交配で作り出した、まったく新しい植物。
大型の宿根草で日当たりさえ良ければどのような場所でも毎年開花するという。

タイタンビカスには赤、ピンク、白の3色があり、 
  ブライトレッド:輝くようなローズレッドの花色は一目見たら忘れられないインパクト! 
   ピンク:明るく透き通るようなピンク色はやさしい雰囲気! 
   ピーチホワイト:ほんのりとピンク色を含んだ白色で、さわやかな花!
   
毎年花が咲き、花数も多く、夏から秋にかけ花期の長~い宿根草です。
お宅のお庭にいかがですか!!  

(20110801

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR