≪ 2011 11   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2011年、年の瀬、今年もまもなく西の空に暮れようとしています。
夕日 

振り返って今年はどんな年であったろうか?
今年の日本は、東日本大震災による津波、原発事故。紀伊半島の集中豪雨などによる
大規模災害が相次いだ。
世界でもタイの洪水、トルコやクライストチャーチの地震など、大きな被害を受けました。
被災地では親を亡くし残された子供たち、家族が行方不明になって今もなお心の整理が
つかず苦しんでおられる人や、親類を頼って避難した人たちを見せつけられると、改めて
家族の絆の尊さを知らされたように思います。
又、閉鎖的な現代社会に、復興に向けて人と人との助け合いの大切さに目覚めた年でも
あったように思いました。
ところが、年末にかけて女の子や年寄が襲われたり強盗での殺生沙汰が頻発しました。
震災を受けて、人間は一人では生きていけないことを知らされ、利己主義から脱却し、
手と手をとりあって支えあい、人を大切に思う気持ちを持つようになった筈の私たちは
どこへいってしまったのでしょうか? あ~あ、 悲しい現実・・・。

さて、縁起という言葉がありますね。
『縁』があり『起』きること。原因があってその結果がある。
幸せは幸せの原因より生じ、苦しみは苦しみの原因から生じる。
人を傷つけた人はいつかその報いを受け奈落の底へ 向かう道を歩み、人に良いことを
した人はきっとその恩恵を受けることができるというような意味ではないでしょうか?。
幸せになりたいならば幸せの原因を作らねばならないし、苦しみたくなければ苦しみの
原因を避けねばなりません。
もしあなたが苦しみを感じているならば、それは誰かを傷つけた結果であり、
もしあなたが幸せを感じているならば、それは誰かを幸せにした結果なのです。
自分で蒔いた種がどのような花を咲かせるか、それは日々の徳(善行)と不徳(悪行)を
原因とする。もし幸せの花を咲かせたいならば自分のまわりの人々を幸せにしようと
努力するべきであって、決して傷つけてはならないのです。
さて、あなたは徳と不徳のどちらの道を歩んでいますか?

一年の世相を漢字一字で表す今年の漢字が「」。
日本漢字能力検定協会が12月12日、京都清水寺で発表され、森清範貫主が
特大の越前和紙に力強く揮毫しました。

来年は被災した日本や世界の復興と、人々が絆を大切にする心の再生を祈って
来年の漢字一字は「」という文字に希望を託してはと思うのですが・・・。

本年も、つたない夢太郎のブログにご訪問いただきありがとうございました。
寒さも日に日に増してきますが、皆さま、くれぐれもご自愛くだされ
よきお年をお迎えになられますようお祈りします。

(20111226  )




今回の旅路、お城がむしょんよか熊本に着きました ばってん、
相変わらず好天に恵まれて・・・、えらいよかお天気についてたね

(翻訳:今回の旅路、、お城がかこいい熊本に着きましたけれども、
相変わらず好天に恵まれて・・・、とても良いお天気についてたね~) 


熊本城
日本三大名城のひとつに数えられ別名、銀杏城(ぎんなんじょう)とも呼ばれている。
加藤清正が天正16年(1588)に、優れた土木・築城技術を発揮して完成させました。
清正は特に石垣造りを得意とし、「清正流(せいしょうりゅう)」と呼ばれる石垣の上に
御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられています。
熊本城では、始め緩やかな勾配のものが上部に行くにしたがって垂直に近くなる
「武者返し」と呼ばれる形状の石垣を多用しています。
明治10年西南戦争の際に消失し、昭和35年(1960)に天守閣が復元されました。

熊本城 長塀  熊本城 長塀内側
   戌亥櫓と西大手門の間の長い塀       内側から眺めた長塀

西大手門をくぐり頬当御門(ほほあてごもん)をくぐると熊本城天守閣が眼前に迫る。
  熊本城天守閣
大天守閣(右)と小天守閣。2つはつながった連立天守閣となっている
大天守閣は3層6階地下1階で高さ約30m、小天守閣は2層4階で高さ約19m。
天守台の石垣、下は30度程で緩やかであるが、上端では75度の絶壁で
「武者返し」となっている。 

   熊本城天守閣2     熊本城天守閣本丸御殿
左は小天守閣最上階から眺めた大天守閣上層。 右は天守より眺めた本丸御殿

本丸御殿の復元は平成20年(2008)にが落成されました。
大御台所
天井部の小屋組み。火を扱うので、煙を抜かす窓が開いて、熱せられないような構造の
高天井となっている。
本丸御殿御台所天井部   本丸御殿本膳料理
右写真は万延元年(1860)の細川藩主慶順に供された本膳料理ニ汁七菜。

左写真は本丸御殿大広間。広間の奥に藩主が家臣と対面した若松之間18畳が見える。 

本丸御殿大広間  本丸御殿若松之間
     大広間                    若松之間襖の奥は「昭君之間」 
  
昭君之間
床、棚、付書院を備え、障壁画には中国の故事「王昭君」の物語が描かれている。
王昭君の故事を引用してみました。 
「昔、漢の時代(西暦紀元前1世紀)に匈奴(フンヌ)の王が漢と友好条約を結ぶにあたり、
後宮の女を一人ほしいと申し出た。当時の宮廷には、皇帝が覚えきれないほど沢山の
女がいて、どれを嫁がせていいのかわからなかった。当時は写真がなかったので、
画工に命じて女たちの似顔を描かせ、一番醜いのを与える事にした。蕃地へ行きたくない
女たちは、画工に金をつかませて、なるべく自分を美しく描かせた。ところが、王昭君は
これは素晴らしい美人であったが、根が正直すぎて画工に金をやらなかったものだから、
ひどく醜い顔に描かれ、そのため選ばれてしまった。これが世間の同情を呼び詩や劇と
なって後世まで語り伝えられるようになった」というのです。

下地に金箔を重ねて描かれた極彩色の障壁画が眩いほど美しい。
昭君之間 床の間 

昭君之間 昭君之間 天井
さて、この昭君之間の玉座には誰が座るのであろうか?
時は関ヶ原の戦を終えて天下の形勢は徳川になると察した加藤清正は、豊臣秀頼が京都
二条城にて徳川家康に謁見するとき、秀頼に付き添って、もし秀頼に禍があった時には
懐刀で家康と刺し違えようとしていた。清正の豊臣への絶大な忠誠心は、秀頼が大阪城を
追われた際に、この熊本城の本丸御殿昭君之間に迎えようとしていたという説もあるそうです。
なぜ、清正は「王昭君」の絵を描かせたのであろうか?、ひょっとして、王昭君と秀頼をダブらせて
いた想いがあるのであろうか? ミステリーですね。

熊本城桜の馬場「桜の小路」
郷土料理しか味わえないメニューなど、熊本県ならではの食文化を目と舌で堪能できる飲食店。
伊勢神宮の「おかげ横丁」のような雰囲気である。

熊本城桜の馬場「桜の小路」   熊本城紅葉
                                 
お城の紅葉も見ごろでした。 

南九州の旅路、ご笑覧ちょーじょーございました(熊本弁)
南九州の旅路、ご笑覧ありがとうございました<完>

(20111217 )

 湯煙の立つ霧島温泉  に宿泊した。あ~あ!よか湯であったよ! 
翌朝は、身も心も清め、朝日をあびて霧島神宮に参拝しもした。 
(翻訳: 湯煙の立つ霧島温泉に宿泊した。あ~あ!いい湯であったよ! 
翌朝は、身も心も清め、朝日をあびて霧島神宮に参拝しました。)

霧島神宮
 「天照大神は孫であるニニギノミコトに、高天原から降りてこの国を治めよと命令しました。
ニニギノミコトは三種の神器を譲り受け七人のお供の神と、一人の道案内(猿田彦命)の
神と共に高千穂の峰に降りたのでした。」
これが天孫降臨の神話の由来で、このニニギノミコトを祀ったのが霧島神宮という。
西の日光とも称せられており、まもなく300年を迎える社殿はいずれも朱塗りの華麗なもの。 
1989年には国の重要文化財に指定されています。
日本で初めてハネムーン。坂本竜馬も慶応2年(1866)にお龍さんとの新婚旅行でここを
訪れたとさ。 
 
霧島神宮 

次回は熊本に北上しもす。 お付き合いよろしゅね!
(翻訳:次回は熊本に北上します。 お付き合いよろしくね!)

(20111215    )



 大隅半島ちっと寄い道してみごと。よか天気だなあ~
 
(翻訳:大隅半島ちょっと寄り道してみよう。いい天気だなあ~!)

志布志 「やすらぎと にぎわいの輪が 協奏するまち」
志布志の地名は、天智天皇遷幸の伝説の中で、天皇に布を織り上げて献上した
妻女の優しい心にならい、 召使いの女性もまた布を献上したところ、天皇は
上下その志の厚いことを喜ばれ、
「この地は上下より布を志す誠にこれは上下の志布志である」
といわれたので、以来、高濱の郷中すべてを志布志と呼ぶようになったと伝えられています。

志布志市役所志布志支所の住所は、鹿児島県志布志市志布志町志布志・・・。
志布志ばっかり、まるで早口言葉のようでおもしろいね~


「大慈寺」
訪れたのは悠久の時を感じる古刹 観光客が尋ねるのは珍しいそうだ。
臨済宗京都妙心寺(みょうしんじ)の末寺 で、明治2年の廃仏毀釈により一時廃寺と
ななりましたが、明治12年(1879年)、西郷・大久保にも多くの影響を与えたとされる
柏州(はくしゅう)和尚の努力によって寺号を復し、旧大慈寺宝地庵跡に再興され、
現在に至っているとのこと。
   大慈寺

   河童が歓迎してくれたよ。
   大慈寺河童
 

  境内にすわってみたら
  大慈寺 火鉢?    大慈寺蛙と兎
    火鉢らしきものに?               石庭には蛙と兎のお見合い?

次回は霧島温泉に行きもす。よろしゅ!
(翻訳:次回は霧島温泉に行きます。よろしく!)

(20111213 )


薩摩半島よい錦江湾をクルージングして大隈半島に。 お天気は晴れ
垂水港に上陸し、たどい着いたのは鹿屋市。

(翻訳:薩摩半島より錦江湾をクルージングして大隈半島に。 お天気は晴れ
垂水港に上陸し、たどり着いたのは鹿屋市。)

薩摩半島から大隅半島へ、晴天に恵まれて穏やかな海をゆったりのんびりクルージング 。
錦江湾よ望むり桜島
    錦港湾の海上から眺める雄大な噴煙をたなびかせる桜島

鹿屋市、かのやしと呼びます。
特攻隊が飛び立っていった基地。 知覧は陸軍、鹿屋は海軍でありました。
鹿屋基地は、太平洋戦争末期の最後の攻撃 “特攻隊”の海軍主要基地でした。
この基地からは、800名を越える若者が沖縄に向けて出撃し尊い命を落とされたそうです。

「鹿屋航空基地資料館」
史料館は、旧海軍航空の興亡の軌跡及び戦後の海上自衛隊の歩みとその中で活躍する
隊員の姿を伝えることにより、国を守ることの意味を理解してもらうために開設されました。
歴史を風化させることなく、後世に伝えていこうというものです。

           鹿屋資料館碑 

屋外展示は往年の飛行機に出会い、特攻隊の歴史に触れることができる。
江田島、佐世保と並ぶ海上自衛隊三大資料館のひとつであり、 公園の展示機群も
充実している。
 
鹿屋資料館二式大挺  鹿屋資料館ヘリ  鹿屋資料館屋外
  2式大型飛行挺          HS-22A(対潜哨戒機)    MENTOR(連絡機)

館内は撮影禁止につき掲載写真はありません。   
     鹿屋兵隊像 玄関に置かれた特攻隊員の像 
2階展示は海上自衛隊の発展や航空技術、海鷲たちの系図、明治維新による
海軍の誕生から、終戦によって海軍が終焉するまでの、時代を翔けた勇士たちの
航跡と、日本近代化の時代を背景とした海軍航空隊の歴史を展示。
NHKで放送されている司馬遼太郎の長編歴史ドラマ「坂の上の雲」
広瀬武夫中佐と杉野兵曹長の逸話など、登場人物の史料も展示されています。
そして、
零戦52型も復元されていました。
1階展示は海上自衛隊航空部隊員たちの活躍ぶりを通して、国民に「我が国の防衛」
について考えてもらうことを意図した内容の構成として空隊の歴史を展示となっている。

たくさんの尊い命が奪われた太平洋戦争、終戦から六十数年、今では戦争経験者も
少なくなり、私の周りには、軍隊に入っていた人などはほとんどいません。
そして、戦争の怖さ、食べ物の無い貧しさを聞くことはもう無くなりました。
私たちが今、生きていられること、それは戦争を経験し、戦後の復興に貧しさと飢えに
戦い続けてくれた彼らの犠牲と奮闘があったからではないでしょうか。
それだけは、忘れてはいけない事ですよね。
今、国会では防衛大臣の発言でいろいろと取りざたされています。閣僚の軽い発言と、
問責決議案の問題で、相変わらず本題の防衛・復興案件の議論が進まない。
政治家や官僚には国家より自分のいる組織・権力の存続が優先され、日本という国を
守っていくビジョンや構想が見失われて形骸化してゆく国家戦略室。戦略なき国家運営の
恐ろしさを歴史から学ばないといけないのだが、本当に今の政治家が、日本という国を
守ってくれるのでしょうか?。ネガティブに考えさせられてしまいます。
私たちも、世界に飢えと戦っている貧しい沢山の人たちがいるのに、日本は世界中から
仕入れて、ムダ使い、使い捨てという生活習慣を身に付け、殺生・詐欺など他人を傷つけ、
自分さえ良ければという、平和ボケしてしまった民族になってしまったと疑うのです。
日本という国の行く末はどうなるのでしょう。 
いつまでも日本でいられるのであろうか?
皆さん! 本当に、このままで良いのでしょうか?・・・ (つぶやき)
 


大隅半島、次は何処を訪れうごとかな~?
(翻訳:大隅半島、次は何処を訪れようかな~?)

(20111211     )
 


Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR