徒然なるままに、へっぽこ夢太郎(@_@)!のきままなノート !!
≪ 2012 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2012 08 ≫

妙心寺 竜   
写真は京都妙心寺講堂の雲竜図天井画。
狩野探幽が55歳のとき、8年の歳月を要して描きあげたとされ、直径12mあり、
龍の目は円相の中心に描かれるが、立つ位置、見る角度によって、龍の表情や動きが
変化するように見え、通称「八方にらみの龍」という。

玄関 竜 玄関 竜2
我が家にも有りました竜の天井画。
玄関の折り上げ天井の中心、杉板に彫り上げた線画。
大工さんの趣味ですが、写真ではちょっと分かりにくかったかな

ところで、竜といえばドラゴン。
ドラゴンといえばプロ野球に中日ドラゴンズ。
絵画などにも多く題材として登場します。
ここで竜についてつぶやいてみよう。

字源のもとは、冠をかぶった蛇の姿で、「竜」が原字に近いようだ。
龍
甲骨文字
龍
金文
龍
大篆
龍
小篆

は、中国神話の生物。古来神秘的な存在として位置づけられてきた。
中国の伝説に起源を持つ竜は神獣・霊獣であり、中国では皇帝のシンボルとして
麒麟・鳳凰・霊亀とともに四霊のひとつとして扱われました。
水中か地中に棲むとされることが多いが、その啼き声によって雷雲や嵐を呼び、
また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔すると言われています。

南宋時代の博物誌『爾雅翼』(ジガヨク)では竜の姿を「三停九似」(サンテイキュウジ)という。
「三停」とは、1.首から腕の付け根 2.付け根から腰 3.腰から尾までの
三つの部分の長さが等しいことを意味し、天上・海中・地底の三界に通じるとされる。
「九似」とは、九つの部位がそれぞれ他の動物に似ていることを意味し、

角は①、頭は②、眼は③あるいは④、胴体は⑤、腹は⑥、
背中の鱗は⑦、爪は⑧、掌は⑨、耳は⑩
にそれぞれ似るというのです。 

さて、ここで問題です。丸文字は何でしょうか考えてみてください?
答えは続きでご確認くださいね。 


また、口辺に長髯をたくわえ、喉下には一尺四方の逆麟があり、
顎下に宝珠を持っているといわれている。
秋になると淵の中に潜み、春には天に昇るともいう架空の生物です。

竜にちなんだ比喩・言葉 には
登竜門鯉の滝昇りは、鯉が滝を上ると竜になるという中国の故事伝承にちなむ。
・逆   鱗…竜の顎には一枚だけ逆さになった鱗があり、これに触ると必ず殺されるという。
・竜   王…将棋で竜とは飛車が成った駒の略称。
他に竜の言葉・文字はいろいろな場面で使われていますね。

答えは
[龍のお話]の続きを読む
一度は訪れてみたい街、京都。
都として栄えた華やかな歴史と伝統はぐくむ、日本文化を象徴する街。 

久しぶりに訪れ、京都東山にある名刹、高台寺の門をくぐった。
高台寺は、豊臣秀吉の死後、その菩提を弔うために
秀吉夫人の北政所(ねね、出家して高台院湖月尼)が開創した寺で、
通称「ねねの寺」として親しまれています。

高台寺北書院では「小丸屋住井うちわ展 京の風」と題して
長年受け継がれてきた伝統技法が、現代文芸の魅力をより高めてくれるよう
団扇(うちわ)展が開催されていた。

ネット情報によると
うちわは自分をあおぐものではなく、人に涼を送るものだったと言い伝えられ
老舗団扇屋の小丸屋十代目女将の住井啓子さんは
うちわ 「一本のうちわにも日本人が先祖代々引き継いできた
  相手を思いやる心が込められている」
という。
 プロの書家と職人の手で文芸作品を一点一点丁寧に装飾し、
 世界に一つだけのうちわを制作されているとのこと。

作品のいくつかをご紹介しますのでご覧ください。
画素数の少ないデジカメで撮影しましたので少々ピントが甘いですがご容赦ください。  

  小丸屋団扇        小丸屋うちわ展
続きは をご笑覧くださいませ 
[高台寺 「優しい風と涼をはこぶ うちわ展」]の続きを読む