≪ 2012 09   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2012 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

新潟越後を経由してたどり着いた信州の鎌倉「別所温泉」に泊まる。

国宝や重要文化財をはじめ数多くの歴史的遺産や古代から自噴する良質な温泉街。

安楽寺 国宝八角三重塔
 初重に裳階(もこし=ひさし又は霧よけの類)をつけた珍しい形式。
 芯柱を中心にした工法は東京スカイツリーに生かされている。
               
        安楽寺

 常楽寺2     常楽寺 

北向観音堂
 現世の厄除観音として知られる。
 本堂が北を向いているのは、わが国でもほとんど例がないようです。 
北向山  観音堂佛像 観音堂鐘楼
    北向堂                  菩薩像            鐘楼


日本最古の松本城
 国宝4天守の一つ。黒い姿から烏城とも呼ばれる。
松本城



   さあ、おうちへ帰ろ! 


ご訪問有難うございました。(完)
(20121029


幕末の少年隊士・白虎隊で知られる会津若松市

飯盛山
戊辰戦争の犠牲となった白虎隊十九士の墓がある小高い山。
     白虎隊士墓 

さざえ堂
江戸時代中期の仏堂で、上り下りがらせん状になっていて、
同じところを通らずに見物できる世界的に珍しい建物。
     さざえ堂

  お土産屋のお姉さんも隊士姿で接客です。
    隊士のお姉さん

    会津若松市のシンボル、白壁と赤瓦の映える鶴ヶ城  
   蒲生氏郷が7層の天守閣を築城、江戸初期に5層となり、
   明治政府により取り壊し。昭和40年に再建され現在に至る。
   鶴ヶ城1     鶴ヶ城2
   

   鶴ヶ城3        鶴ヶ城4
     天守より望む              天守の影




来年25年の大河ドラマは「八重の桜」
     主人公の新島八重は会津藩の出身。
     後に「幕末のジャンヌダルク」「ハンサムウーマン」などとたとえられ、
     激動の時代を生き、福島県・会津の誇りを守り続けた女性とか。
     来年をお楽しみ…。

喜多方ラーメン

   喜多方ラーメン
 
   やっぱり昼飯はこれだね
   コシのある平打ちちじれ麺と
   シンプルな醤油味スープ。
   

腹ごしらえを済ませ、福島より新潟に向かう。
立ち寄った所は越後随一の豪農。北方文化博物館「豪農の館」
       豪農の館
       越後千町歩地主「伊藤家」の大広間座敷

越後を後にして、次回は長野別所温泉です。
(20121028

 桧原湖畔の宿に到着する夕暮れ時、宿の一角に桧原湖畔から
磐梯山が一望できる絶景スポットがあり、望遠レンズを装着した
おじちゃんおばちゃん達のカメラマニアが集まっていた。
  桧原湖1         桧原湖2
                               この人はマニア
翌朝も、絶景スポットに昨日のカメラマニア達が日の出を待ち構えていた。

  道なき足場の悪い湖畔を渡り歩き日の出スポットへ
  桧原湖3        桧原湖4

桧原湖5 桧原湖6 桧原湖7
 朝日をあびる磐梯山  湖面の朝霧に包まれる島

磐梯山ゴールドラインを通り会津い向かう。
      猪苗代湖 

   展望台より猪苗代湖を望む





次回は「会津若松」です。
(20121027

磐梯山噴火によって造られた五色沼湖群集
水面に映る紅葉が美しいウォーキングコース「五色沼自然探勝路」
ここでも紅葉は遅れていた。
「毘沙門沼」「みどろ沼」「弁天沼」「るり沼」「青沼」「柳沼」など、
様々な色の湖沼群を堪能できるというふれこみであったが、
みんな青緑色に見えてしまいました。  

  五色沼2    五色沼3    五色沼8
                    

五色沼4  五色沼5   五色沼6
   湖畔の樹木がまだ紅葉していませんね~        湖面の白いのは葉だそうよ

    五色沼1      五色沼7   
  
     桧原湖畔探勝路中瀬沼より磐梯山を望む
    中瀬沼2     中瀬沼1   
 
    湖畔の花

  あちこちの民家の庭に咲いていました。





次回は「桧原湖畔」です。
(20121016



 10月の中旬、福島県裏磐梯の紅葉ドライブに旅立ちました。
愛知県尾張を7時半に出発、名神・中央道・東京環状線・東北自動車道を通り
福島市高湯温泉に到着したのは午後5時半。
 約700㎞、10時間、ひたすら高速道路を走ってたどり着く。
東北は遠いな~!!

高速道路のガードレールが傾いていたり、一部土砂崩れがあり、
東日本大震災の爪痕がまだまだ残っていました。

 高湯温泉は裏磐梯吾妻の高原にあり、硫黄成分の高い名湯として、
   東北の草津ともいわれている。
   宿からは福島市の夜景が一望できた。

翌朝、好天に恵まれて 朝日が眩いばかりに、部屋に差し込んだ。
      朝日 
さあ~、裏磐梯の紅葉ドライブに出発だ!

福島市は大きく会津中通り浜通りの三地区に区分されている。
浜通りには福島原発があり、会津は会津若松市・猪苗代湖のあるところ。
中通りが磐梯吾妻や三春滝桜地区となる。
2012年の紅葉シーズンに観光有料道路は復興支援をかねてか無料開放!
初日は、磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークラインを通り裏磐梯桧原湖に向かう。
無料開放もあってか、多くの車が来ていた。

   つばくろ谷の渓谷にかかる高さ84mの不動沢橋
   今年の紅葉は例年に比べ遅れていた。
     磐梯吾妻不動沢滝 

     天狗の庭からの吾妻小富士
     吾妻小富士

   火山地帯で自然の荒々しさを感じる浄土平
  浄土平1     浄土平2
  浄土平3       浄土平4
  湿原植物が観察できる木道          つづら折りの登山道

  
     中津川渓谷

  中津川渓谷で森林浴   
  ここでも紅葉は遅れていた







 次回は「五色沼」です。
 (20121025)


Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR