≪ 2013 07   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2013 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 15日、京都府福知山市の由良川左岸の河川敷で、「ドッコイセ福知山花火大会」に、
出されていた「たこ焼きの屋台」のガスボンベが爆発、炎上し、周囲の2店舗にも延焼、
観客61人がやけどを負い、花火大会は中止となってしまいました。
連日の猛暑のなか、花火大会は心に涼風をいやす夏の風物詩。残念なことです。
祭りや花火大会で屋台が並ぶのも楽しみのひとつ。でも安全第一
屋台の方も、行政も事故が起きないよう注意とチェックを願うものです。

さて先日、木曽川を舞台に開催された「日本ライン夏まつり納涼花火大会」。
またまた、コンパクトデジカメで動画に収録してきましたので掲載しますね
タイトルは「城と花火のコラボレーション」 
同じ動画映像の編集スタイルを変えた2作品です。

オリジナルに編集

(画面下右端の四角マークを押し全画面でご覧ください。戻す時はESCを押してください)

アート風グリッドに編集

(画面下右端の四角マークを押し全画面でご覧ください。戻す時はESCを押してください) 

お気に入りの動画になりましたでしょうか

(20130816  )


ジュネーブ
国連ヨーロッパ本部などが置かれる国際機構の中枢。
各国の人が訪れ、一気に都会モードの雰囲気になった。
ジュネーブのシンボルは美しいレマン湖に上がる高さ145mの大噴水。 
  ジュネーブ噴水     ジュネーブ公園  
                               イギリス公園でくつろぐ女性

「スイスアルプス絶景の旅路」いかがでしたでしょうか?

やはり、言葉つくしても、写真を並べても、感動をお伝えするのは難しいものと思います。
現地に行って、360度の世界を自分の目でみて、太陽をあびて、風に吹かれて、
空気に触れて、 はじめて、絶景の感動が心に響いてくるのでしょうか!?
スイスは山に興味のある方にはおすすめ。ただし、山は好天でないとね。
それには、常日頃の心がけ、人にやさしい思いが大切かも・・・。
幸運をいのります。

スイスアルプス絶景の旅路」にご訪問いただき 、
(ドイツ語)ダンケ :(フランス語)メルスィ:(イタリア語)グラッツィエ:(日本語)ありがとう
でございました。

(20130809  )


シャモニ
モンブラン初登頂を成し遂げたジャック・パルマの名を冠した広場にパルマの像が立つ。
指さす方向に「あれがモンブランだ!」と。 
シャモニ2   シャモニ1  
   パルマの像とモンブラン               尖った山頂に展望台がある。

  町の通りで発見!!
  シャモニ3   シャモニ4
      建屋の壁にはだまし絵が                                 変わったトマトだ!

ヨーロッパ最高峰モンブラン」4810m 。丸い雪帽子をかぶった美しき「白き山」
フランス語でモン (Mont) は「山」、ブラン (Blanc) は「白」を意味し、「白い山」の意味。
「白い婦人」を意味するLa Dame Blancheというフランス語の異名もある。
白い貴婦人を護衛するかのように周りにはグランドジョラスなどの厳しく尖った山群が並ぶ。

シャモニから2800mをロープウエイを乗り継いで一気に上がると、
3842m の尖った山頂に立つ展望台はエギューユ・デュ・ミディだ。
白き山モンブランの頂が真近にそびえる。 

   エギューユ・デュ・ミディ3
                         展望台とモンブラン           

     エギューユ・デュ・ミディ4           エギューユ・デュ・ミディ5
      雪渓を登るアルピニスト     

  エギューユ・デュ・ミディ1    エギューユ・デュ・ミディ2
    手すりには氷柱が                  そそり立つ巨岩  

エギューユ・デュ・ミディ展望台

(画面下右端の四角マークを押し全画面でご覧ください。戻す時はESCを押してください) 

                 下山したらペットボトルがこんなんになっちゃったよ!! 
                       ペットボトル

次回は「ジュネーブ」です。
(20130807  )

名峰マッターホルンに抱かれた村ツエルマット
村内は空気汚染の原因となるガソリン車を規制し、電気自動車が主な交通機関となっている。
この村のあちらこちらから、マッターホルンの勇姿を望むことができる。
マッターフィスパ川に日本人が大好きな橋がある。通称「日本人橋」と呼んでいるそうな。
ここからは、朝焼けや夕焼のマッターホルンが見られるのだ。
マッターホルン夕焼   マッターホルン朝焼   マッターホルンホテル
 夕焼マッターホルン            朝焼けマッターホルン   ホテルより朝焼けを見る

マッターホルン 
天高くそびえ、鋭く切り立つ山容の美しさは日本人にとても愛されている。
魔の山と恐れられたマッターホルン。初登頂を成し遂げたのはイギリス人登山家
エドワード・ウインパー卿。1865年7月、8度目の挑戦での快挙であったが、
下山中に7人のうち4人が谷底に落ちて悲劇の結末を迎えてしまった。

ツェルマットを出発、登山電車の車窓から4000m級の山々を眺め
コルナーグラート展望台3089mへ。
展望台からはウ”ァリス・アルプス36峰の大パノラマを見ることができる。
尖った山で印象的な マッターホルン4478m、
ヨーロッパ第2の標高をもつ モンテローザ4634mなど

マッターホルン展望台 

ゴルナー氷河 のクレバス
ゴルナー氷河
 
コルグラート360度パノラマ展望

(画面下右端の四角マークを押し全画面でご覧ください。戻す時はESCを押してください)


リッフェルベルグまで下るハイキングコース

好天に恵まれて、途中のリッフェルゼーの湖面に逆さマッターホルンが見られた。
マッターホルン逆さ 

 多彩な自然の表情にふれながらのハイキング。
 アルプスのお花畑で、さあ、お弁当にしよう・・・

   マッターホルン花1      マッターホルン花2 

   マッターホルン花4      マッターホルン花3

次回は「シャモニ」です。
(20130805  )

世界遺産ベルナーオーバーランド」 (ベルン州の高地という意味) 

ユングフラウ5
グリンデルワルドより登山電車に乗る。  もう、氷河は目の前に迫ってくる。

ユングフラウ1
                           ユングフラウ4158m

クライネ・シャイデックで乗り継いで列車はゆっくりと高度を上げ、アイガー山中を
くりぬいたトンネルへ。 トンネルの中に駅があり、アイガー北壁からの眺望は・・・。
  
      ユングフラウ2  アイガーウ”ァント駅の覗き窓より

終着駅はトップ・オブ・ヨーロッパ「ユングフラウヨッホ」標高3454m。
ヨッホとはユングフラウの肩・・・鞍のように低くなった山の尾根のこと。
  
エレベーターに乗りスフインクス展望台3571mへ
そこは360度見渡せる大パノラマ、迫力ある眺望が広がる。
スイスアルプスの誇り高き名峰。
 ・北壁で名高い アイガー3970m。
 ・見る角度によって異なる表情を見せる修道士 メンヒ4107m。
 ・「アルプスの乙女」の別名を持つ ユングフラウ4158m。
 ・欧州最長のアレッチ氷河 のブルーの輝き 

 ユングフラウヨッホ展望台からの絶景

(画面下右端の四角マークを押し全画面でご覧ください。戻す時はESCを押してください)

    クライネ・シャイデックのレストランにもランチョマットがありました。
  ユングフラウランチョマット

アイガーグレッチャーからのハイキング
迫力あるアイガー氷河を真近に、凛々とした大自然を眺めながら下りてくると、
花々が咲き乱れ、登山鉄道が走るのどかなアルプスとなる。
ユングフラウハイキング3 ユングフラウハイキング2 ユングフラウハイキング1  
 アイガー北壁      メンヒ                         ユングフラウ     

   ユングフラウ花1      ユングフラウ花2
 

    ユングフラウ花4      ユングフラウ花3

 グリンデルワルトと槇有恒
1921年、27歳でアイガー東山稜を初登攀し「世界のマキ」と称された
槇有恒 ( まきゆうこう、1894〜1989年 ) は、いまでもグリンデルワルト
に愛されている日本人登山家である。
その後も登山界に広く貢献し、62歳になって8000メートル峰のマナスル
初登頂 ( 1952年 ) にも導いた、日本登山界の第一人者です。

カートレイン
ツェルマット方面に向かう途中、全長14.612kmのレッチベルクトンネルは
自動車や徒歩での通過ができない。一見貨物列車のようですが、小型自動車から
大型バスまで運ぶことができる。
バスは車幅がぎりぎりのため、トレインの利用を嫌がる運転手もいるそうだ。
乗客は車ごと車内に乗ったまま移動。エンジンを停止しエアコンの効かなくなった
バスの車内は蒸し風呂状態。トンネルを出る頃には乗客全員汗だくという状態だ。
アルプスの峠越えを避けるための交通手段なのです。
  カートレイン

(次回は「ツエルマット」です。
(20130803 )

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR