徒然なるままに、へっぽこ夢太郎(@_@)!のきままなノート !!
≪ 2014 04   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2014 06 ≫

 我がイチゴ農園で、いや!いや!また間違えました。
我が家庭菜園でイチゴが実りました。
サイズはいろいろ、形もいろいろ、でも、お味は皆同じ美味しいイチゴのお味。

 イチゴ

不揃いの出来栄えは受粉に原因があるようだと教えてくれる人がいた。
そういえば、最近はめっきり蜜蜂の姿を見ることが少なくなった。
これも、都市化、少子高齢化、壊れていく地球環境の変化・・・等々。
人間のいとなみが変わってしまい、生物の多様性が失われていったことが
影響しているのであろうか

   
やっと実ったイチゴ。 ヤバイ!! カラスや鳩が狙っているぞ!! 
いやいや、最近は二本足の動物 の被害が一番大きい。
戦後の日本は家に施錠をしなくても安心で、だれも窃盗なんてしなかった。
今の日本は二重ロックに、センサーライイトなどの保安装置が必須。
「俺の物は俺の物。人の物も俺の物」と言わんばかりに、人のものを平気で盗み、
悪質な詐欺などは頻繁に横行し、多くの被害が発生している。
かれらは、罪悪感など感じていない。日本人の心の腐敗が進んでいるのだ。

あ~!。話はそれてしまいました。
さてさて、イチゴはバラ科の多年草。果物として扱われるることが多いが、
草の植物であるので野菜として分類されることもあるそうだ。

「イチゴ」の語源は、はっきりしないが、日本書紀など古くの書物には
「伊致寐姑(いちびこ)」とか、「以知古」、「一比古(いちびこ)』と呼んでいたようだよ。

なにはともあれ、
・イチゴはビタミンCが豊富で風邪予防や美肌効果に期待。
・血を作るビタミンといわれる「葉酸」も豊富に含まれ貧血予防にも効果的。
・食物繊維のペクチンも含まれ、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制。
・ポリフェノールの「アントシアン」という色素成分が入って、発がん抑制作用にも期待。
いいことばっかりだ。

ケーキ、デザート、ジャム、お菓子、アイスクリ-ム・・・、いろいろと幅広く用いられるので、
イチゴは多くの人に愛されている野菜だね。 

(20140512  )