≪ 2015 03   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2015 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 14日は終日の雨模様。傘の花開く高山祭りとなりました。
春に雨が降り続くことを「春の長雨」とか「菜種梅雨」などと呼ばれている。
名古屋気象台によると、統計開始の1883年(明治10年)以降、
岐阜市の4月1~13日で11日間の雨は1885年の12日間に次ぐ
多さという。雨量も昨年同期の13倍86.5㍉が降りました。
「春の山王祭」に、遠路はるばる海外からの観光客も多く訪れていたが、
祭事の「屋台曳き揃え」お旅所での「からくり奉納」、そして「御巡幸
夜祭」も中止となり、時を忘れる感動を味わうことはできませんでした。


傘を片手にぶらぶらと高山市街の街歩きとなりました。

火の見櫓 木造三層
隠れるように佇む山桜神社の「火の見櫓」 木造三層 ?のせんべいやさん

   献灯提灯2   献灯提灯1 
    献灯提灯(けんとうちょうちん)は組で形や紋が異なります

モニュメントと外人  モニュメント
多くの外国人も来ていたよ   このモニュメント?「鯉にまたがる金太郎」?

中橋お旅所高山陣屋
     中橋         お旅所         高山陣屋
   (天気良ければ赤い中橋を通りお旅所前に屋台が集まる筈であった)

屋台3  屋台2  屋台1
雨の日は屋台蔵でお披露目。梃子衆もなすすべなく時間をもて余しているようだ。
右写真の梃子さんはお酒飲んでご機嫌の様子!?

屋台4  屋台5 
 こちらは「はいポーズ!」         笛吹いておもてなし!

石橋台(しゃっきょうたい)の前にひとだかりができていた。
これから屋台蔵で「からくり奉納」があるという。
雨の中、待つこと30分、隣の笠の雫が服に滴り、びっしょりと濡れた。
開始間際になると「傘をたため!」と声が飛ぶ。
よくもまあみんな雨に降られて、辛抱強く待っていたもんだ。
折角なので、ごった返す人ごみの中、押されながらもコンデジで
なんとか撮影してみたらこんな動画になりました。
(アンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)


(20150416  )
 



 4月に入ってお天気は時雨模様となってきた。
しばらくはぐずついた雨の天気が続くという。
折角、桜が見事に咲き誇っているというのにね~、
早々と散ってしまうのかな~・・・。

 通りすがりに携帯写メで撮った平凡な写真です。
2015桜  2015桜2
                        木蓮とさくら




 2015桜3 2015桜4
 2枚の写真を結合したらこんなんになっちゃいました。継ぎ目がわかるかな~?
2015桜w 

(20150402   )




Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR