≪ 2016 05   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2016 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

  東欧の旅写真、続きのアップが遅れ失礼しました。

旅はスロベニアから国境を越えクロアチアへ

イタリアやスロベニアとの国境付近、アドリア海に突き出したイストラ半島。
古代からの歴史が美しく調和し、貴族たちが避暑に訪れるリゾート地。
おしゃれで華やかな海沿いの文化都市がある一方で、内陸には中世の風情を
湛える小さな町が点在する。

プーラ
ローマ帝国時代から貿易の要衝として栄えた古代都市。
プーラ
コロッセオに似たローマ遺跡の円形劇場。当時は闘技場として使用されていた。


ロヴィニ
600年間ヴェネツィアの支配下であったことから、カラフルな美しい街並みが
広がる迷宮都市。
ロビニ1
海沿いにはカフェやレストランが店を並べる。シーフードが名物。

ロビニ3   ロビニ2  ロビニ4   
旧市街の街並みは小ヴェネツィアと呼ばれる。    みやげ店の人形

ポレチュ
古代ローマ都市を起源とする港町。ビザンツ・アートの至宝がきらめく歴史都市。
ポレチュ1
港に面した通りにはカフェやレストランが多い

ポレチュ2      ポレチュ4 
エウフランシス聖堂のアトリウム       新しい教会です。
<世界遺産>

ポレチュ3  ポレチュ5 
   街並み           ショウウンドウから見ているよ!

モトヴン
トリュフの森に囲まれた丘の上の小さな町。
モトウ
 丘の上の絶景都市

     モトウ   モトウ   モトウ 
  聖ステパノ教会     伝説ヴェリ・ヨジェの藁人形   トリュフのお店

  *ヴェリ・ヨジェ伝説はこちらを参考にしてください

次回はザグレブに向かいます。

(20160627   )


  青い空を見上げると、白い雲の糸を引いて飛行機がたくさん飛んでいる。
みんな何処に向かって飛んでいくんだろう !? いいな~!
しばらくおいらは飛行機には乗っていない。何処か行きたいね~!

今、少し足腰を痛めているけど、街歩きなら大丈夫かな !?
思い切って久しぶりに旅に出るとしよう!
日本の海を出て、訪れた先は東ヨーロッパ。現地の観光は6日間。
なんと1日の歩行数は少ない日で13000歩、多い日は20000歩。
旧市街、湖、鍾乳洞・・・。ほとんどは坂や階段ばかりのハードな行程。
甘かった 
にわか雨で石畳の坂は滑る。道は水が流れを作る。
あ!いてっ!下り坂で見事に転んだ。何とか怪我せずに済んだ。用心!用心!
ある教会の階段は踏板が狭く梯子のように急だ。下りが怖いな~!

思い出写真をいっぱい撮り収めようと、頑張って歩いたが、
帰宅すると、足の痛みどころか、疲れでバテバテになってしまったよ。

景観は日本では見られない絶景の数々。上手く撮れたかな~ 

旅写真をアップしましたので、お時間がありましたらご覧くださいませ 

今回はスロベニアの写真です。

ブレッド湖

ブレッド湖1
鏡のように澄み切ったロマンチックな湖。
「アルプスの瞳」と讃えられる美しいリゾ-ト地。

ブレッド湖2    ブレッド湖3  
ブレット城 と 聖マルティヌス教会    手漕ぎボートに乗ってブレッド島に渡ります
〈ブレット城では中世祭りに遭遇。その様子は後日、動画でアップ出来ればと。〉

ブレッド湖4 
ブレッド島 聖母被昇天教会
「内陣前にある重い鐘を鳴らすことができれば願いが叶うという」

ポストイナ鍾乳洞
何百年もの歳月をかけて形成された全長21kmの大鍾乳洞。
その規模はヨーロッパ一、美しさは世界一ともいわれている。
ポストイナ1   ポストイナ2 
 「インディージョーンズ」を彷彿させる地底トロッコで、2km10分間走り抜けると、
1.7kmの徒歩コースをガイド付きで歩く。写真はコンサートホールと呼ばれる大広間。
 〈地底トロッコの疾走模様も、後日、動画でアップ出来たらと思っています〉

次回はクロアチアです。
只今、静止画の整理編集中ですので、しばらくお時間ください。
ぼちぼちアップしていきますのでよろしくね!

(20160621

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
 
★人目のご訪問者です★
ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン
powered by
3ET
QR