徒然なるままに、へっぽこ夢太郎(@_@)!のきままなノート !!
≪ 2016 10   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2016 12 ≫

  けんろうな城壁に囲まれたドゥブロヴニク旧市街。

石畳の路地と褐色の屋根瓦が織りなす

歴史のすべてが詰まった古めかしい街並みを歩く。 

(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)

(20161130   )

  「アドリア海の真珠」

世界遺産ドゥブロヴニク旧市街を見下ろす

紺碧の海とオレンジ色の瓦屋根とのコントラストが美しい

スルジ山からの眺望をご覧ください。


(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)

(20161126  )
  日本には四季があることから、海外からの旅行者には
日本の魅力の一つとなっているようです。
11月は秋も深まり、紅葉前線が南下していきます。
近年では地球温暖化の気候変動で、夏から紅葉までの気温上昇があり、
カエデの紅葉日は10年間に約3日、60年間では約20日遅くなっていると
いわれています。
九州では1月になって紅葉日を迎える年もあるそうだ。
お正月過ぎて紅葉狩りちょっと変だな~

なぜ、緑色の葉の色が変わるのでしょうか?
色ずく仕組み
黄葉ー葉のなかの葉緑素(クロロフィル)が分解され、もともと葉に
   含まれていた黄色のカロチノイドという色素が浮き出すため。
   主な木はイチョウ、ブナ、カツラ、ダケカンバ等
紅葉ー葉にたまった糖分が使われてアントシアニンという赤い色素ができ、
   赤く色づく。
   主な木はモミジ、カエデ、ナナカマド等

春に芽を出し緑の葉となり、夏過ぎて、秋に黄色や赤く色づき、そして散る
毎年、毎年、繰り返す不思議な生き物ですね
私たちを楽しませてくれる、関りの深い植物を大切にしましょう。

さて、雑学はこれまでとし、久しぶりに湖東三山へ紅葉狩り行きました。
へっぽこ写真を投稿しましたので、お時間ありましたらご笑覧くださいませ。

百済寺
湖東三山 百済寺

西明寺 三重塔
湖東三山 西明寺

金剛輪寺 名勝庭園
湖東三山 金剛輪寺 

  他の写真はPhotoムービーでご覧ください。
(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)

(20161121   )

 ボスニア・ヘルツコビナの中心都市。
美しい渓谷を流れるネトレヴァ川に架かる一本の架け橋、世界遺産「スタリ・モスト」。
両岸に広がるトルコ風の街並みに、モスクの尖塔がそびえるオリエンタルな旧市街。

(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)

(20161117
 ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市。
古代ローマ皇帝が造った1700年前の遺跡と、
そこに住む人々の営みが渾然一体となり、
不思議な街並みと情景を作り出している。
世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿」に入ろう

(パソコンアンダーバー:歯車マークで画質変更、四角マークで全画面に変更できます)

(20161113