南九州の旅路 -Ⅲ- 薩摩半島 最南端

ここでは、「南九州の旅路 -Ⅲ- 薩摩半島 最南端」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
午前7時ごろ、  好天に恵まれて宿からご来光を拝むこっができた。
(翻訳:午前7時ごろ、 好天に恵まれて宿からご来光を拝むことができた。)

指宿・宿から眺める日の出
指宿日の出 


長崎鼻
黒潮洗う青い海に突き出した薩摩半島の最南端にある岬、長崎鼻の突端には白い灯台が立ち、
西方にそびえる雄大な開聞岳と、岩礁に砕け散る白い波しぶきの眺めに時を忘れるほどでした。
ここは浦島太郎伝説の地と言われ、それこそ浦島太郎が竜宮へ旅立った岬と言い伝えられ
「竜宮鼻」という別名があり、近くには乙姫様を祭った竜宮神社もある。その名もふさわしく
夏には周辺の砂場に海亀が産卵しにくるそうだよ。

開聞岳
えっ
、富士山って海沿いにありましたっけ? と見間違うくらい見事な円錐形の曲線を描く
向こうの山は薩摩富士【さつまふじ】と呼ばれている。

開聞岳1 開聞岳2
             ハイビスカスが咲くここには南国の気配を感じた

        古くからの軒を連ねる土産店に並んでいました。  
      ドラゴンフルーツ            株サツマ
  ドラゴンフルーツの味は、意外とサッパリ。 ビタミンC・カリウム・リン酸・鉄・カロチン・ 
  繊維・・・などなど健康にいいものが多く含まれていて、美白、シミ予防、貧血予防、
  高血圧、便秘予防、骨密度増加、血糖値を下げるといった効果があると言われています。
  健康のためにいかがでしょうかね。
  株サツマはさつま芋? よくわかりませんでした。

池田湖 
約6400年前の火山活動によってできた周囲15km、水深233mの九州最大のカルデラ湖。
   池田湖より開聞岳 
        池田湖から眺望できる雄大な薩摩富士「開聞岳」

    名物 大うなぎ・・・水槽の中にいましたよ!
    大うなぎ
      からだをクネクネさせるうなぎにはとても見えないよね~! 
   
 
  
日本で巨大生物といえば、池田湖の「イッシー」、屈斜路湖の「クッシー」が有名だ。
  池田湖に怪物みたいなものが泳いでいるのを見たと言う事からマスコミでも話題となり
  幻の「イッシー」と呼ばれました 。
      イッシー 
     説明看板によると
   「昭和53年9月3日、湖面を猛スピードで進む二つの黒い物体が泳ぐのが多くの
   人々によって目撃された。水面に浮かぶコブとコブの間は5メートルほどあり、
   湖面は数十メートルに渡ってざわめいていたという。この事件は新聞やテレビで
   大きく取り上げられ、その後多くの目撃情報が寄せられるようになった。
   この未知の巨大生物は、ネス湖のネッシーにあやかって「イッシー」と呼ばれる
   ようになった。イッシーの正体については、恐竜の生き残りであるとか、大ウナギ、
   巨大魚など様々な説が飛び交っており、その正体を突き止めるために無人監視
   カメラの設置やテレビ局による探索も行われたが、現在まではっきりと確認できる
   目撃はなく未だに謎のままである。」 と記されている 。



次回は大隅半島に渡いもす。 何処を訪れうごとかな?
(翻訳:次回は大隅半島に渡ります。 何処を訪れるようかな?)

(20111209    )

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック