★☆ 夏の夜空といえば花火、素敵な花火を打ち上げましょう! ** パーツ下部のアイコンをクリックすると、花火の色や形を変えたり出来るので時間があるときに遊んでみてね! **

Copyright

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.

天気予報

最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内の検索

FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン

リンク

Pika_Mouse

powered by
3ET

QRコード

QR

飛び回る小鳥たち

まとめ
≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
 大隅半島ちっと寄い道してみごと。よか天気だなあ~
 
(翻訳:大隅半島ちょっと寄り道してみよう。いい天気だなあ~!)

志布志 「やすらぎと にぎわいの輪が 協奏するまち」
志布志の地名は、天智天皇遷幸の伝説の中で、天皇に布を織り上げて献上した
妻女の優しい心にならい、 召使いの女性もまた布を献上したところ、天皇は
上下その志の厚いことを喜ばれ、
「この地は上下より布を志す誠にこれは上下の志布志である」
といわれたので、以来、高濱の郷中すべてを志布志と呼ぶようになったと伝えられています。

志布志市役所志布志支所の住所は、鹿児島県志布志市志布志町志布志・・・。
志布志ばっかり、まるで早口言葉のようでおもしろいね~


「大慈寺」
訪れたのは悠久の時を感じる古刹 観光客が尋ねるのは珍しいそうだ。
臨済宗京都妙心寺(みょうしんじ)の末寺 で、明治2年の廃仏毀釈により一時廃寺と
ななりましたが、明治12年(1879年)、西郷・大久保にも多くの影響を与えたとされる
柏州(はくしゅう)和尚の努力によって寺号を復し、旧大慈寺宝地庵跡に再興され、
現在に至っているとのこと。
   大慈寺

   河童が歓迎してくれたよ。
   大慈寺河童
 

  境内にすわってみたら
  大慈寺 火鉢?    大慈寺蛙と兎
    火鉢らしきものに?               石庭には蛙と兎のお見合い?

次回は霧島温泉に行きもす。よろしゅ!
(翻訳:次回は霧島温泉に行きます。よろしく!)

(20111213 )

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

<< 南九州の旅路 -Ⅵ- 霧島 | ホーム | 南九州の旅路 -Ⅳ- 大隅半島 鹿屋 >>

コメント

No title

拝見いたしました、石庭の大きさ、広さが分かりませんが、蛙と兎のお見合いは風流で面白いですね。
河童の一言「よく来たなあまあすわれや」読み取れました。次回は霧島温泉、小生の記憶では
坂本竜馬が新婚旅行に行った処ですね。

Re: No title

拝見有難うございもす.
「大慈寺」は田舎ににあうごとんさ小さなお寺はですど。
ちっとばかい面白ネタを見つけただけでした。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム