民話「十二支のお話」

ここでは、「民話「十二支のお話」」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
    


昔~、昔~の大昔。ある暮れのことじゃった。
神様が動物たちに、お触れを出したそうじゃげな。
「元日の朝~、新年の挨拶に私のところへ出掛けてきなさい。
最初に到着したものから12番目のものまでを、
1年交代でその年の動物の大将にしてあげるとしよう」


そこで、ネズミがウシに話しかけた。
「ウシさんウシさん。大将ていうのは何かいいことあるのかい?」
「ネズミさんや。それはもう、大将というのは偉いからな、威張って
誰にも命令できるんじゃぞ」
「へ~~っ、じゃあ、おらぁはこんなにちっちゃいけれど、大将になったら
大きいウマだって怖いトラだっておいらの言うこときくんだべぇ?」
「そら~、何だってきくよ。それが大将ちゅうものなのさ」
ネズミは
「おらぁ~、どうしても大将になりてえな~。 こりゃ負けられへん」
ライバルを蹴落としても一番になるんだと強く強く思いこんだのでした。

そして~、動物たちは、おらが1番になるぞとはりきって、
わくわくしながら元旦が来るのを待っておった。


ところが、ネコは話を聞き漏らしてしまい、ネズミにたずねることにした。
「ネズミさんや、神様のところへ新年の挨拶にいく日は何日じゃったかの?」
「ああ、それでしたら2日の朝でチュウーよ。お互いに頑張りましょ」と
ネズミはわざと1日遅れの日を教えてやったのでした。
ネコはそれを真に受けて喜んで帰っていったと。


さて~、元日となって夜中に、ウシは
「おらは歩くのが遅いだで、一足早くでかけるべ」とて
夜のうちから支度をし、誰よりも早く夜明け前に出発をした。
すると~、牛小屋の天井でこれを見ていたネズミが、こっそり
ウシの背中にぴょんと飛び乗った。
そんなこととは知らないウシは夜道をのろ、のろ、のろ、のろと歩き、
野を越え、山を越え、ようやく神様の宮殿にたどり着いたのでした。
まだ誰も来ておらず門も閉まったままじゃったので、
「よぉ~やく着いたわい。ウシシ・・・、おらが一番でねえか?」
我こそが1番だとウシは喜んで、門が開くのを待っことにした。

やがて~、朝がきて門が開いたとたんに、ウシの背中から
ネズミがぴょんと飛び降り、ちょろちょろと走って行き
「神様、新年おめでとうございまチュウ!」と挨拶しおったので
ネズミが1番となってしまいました。
見事に出し抜かれたウシは残念ながら2番となり、やるせない気持ちを
「モゥ~!、モゥ~!」と悔しがったとか?

そこへ、自分が一番だと思って自信満々に走ってきたトラは、ネズミと
ウシが到着していたので「先をトラれた~」といってがっくりしたとか。

それから、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジと続いたのだが、
その後にやってきたサルとイヌは喧嘩ばかりしておった。
宮殿へ行く途中の丸木橋で
「道をふさぐなよ~」
「なんだと~、おまえこそ邪魔だろ」と。
これを見かねたトリが
「あ~あ!お前たちはすぐに喧嘩ばかりしおって、おらが真ん中に
入るで離れちょれ」と仲をトリ(取り)持って仲裁したそうじゃげな。

その後12番目に、すごい勢いで猛進してきたイノシシが 宮殿の壁に
ぶち当たり、ドスーンと音をたてて止まった。

「ようやく揃ったようじゃな。よしよし。それでは約束通り、
ネズミ、ウシ、トラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、
イヌ、イノシシの順に大将にしてあげるとしよう。 今日は遠い所を
ご苦労じゃった」 とて
神様はお酒やごちそうをふるまい、動物たちは楽しく飲み食いし、
また帰っていった。

13番目に着いたカエルは、がっかりして「もうカエル」と言って
帰っていったと。

こうして最初がネズミとなり、動物を当てはめた十二支が広く浸透して
いったとのことじゃ。

ところで、ネコは、2日の朝、ひょっこり宮殿に現れ、
「神様、約束通り来ました。大将にしてくれるちゅう話でしたの?」
「なんじゃお前は!元旦の朝に集まれというたのにけしからん。顔を洗って
出直して来い」と怒られて、以来、ネコが顔を洗うようになったという。

また、1日遅れで出掛けたものだから番外となり仲間に入れなかったので、
それ以来ネズミを恨んで 「ネ...ネズミめ!こんニャろ~」と、今でも
追いまわすようになったのだそうな

他にも、ネコがお釈迦様の薬を取りに行ったネズミを食べてしまったために
十二支に入れてもらえなかった。
などという説もあるそうですよ。


ところで、なぜ仮想の動物「タツ」が十二支に入ったんでしょうね

十二支のつぶやきでした。

(20130107
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック