糸まきまき、糸まきまき・・・!

ここでは、「糸まきまき、糸まきまき・・・!」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
  歌のお話ではありません。
江南市曼荼羅寺で見つけた草丈の低い花
友達の家の庭にもオダマキ(苧環)が咲いていました。
別名 糸繰草(いとくりそう)。

チシマオダマキ   オダマキ白   オダマキ青
千島ルリオダマキ   深山オダマキ白花    青花(ちょっとふりふり)

オダマキの名前は、中心を空洞にして巻いた麻の糸玉「苧環」に
花の形が似ているところから付けられました。
花が開いた形と言うより、つぼみの形が苧環に近いと思います。

学名のAquilegia(読み方はアクイレギア、アクレギアなど)
由来には諸説があり、アクア+レギア。 
ラテン語で「アクア」は水を表し、「レギア」は 集めるという言う意味の2語から来ており、
花びらが筒状で漏斗(じょうご)のような形になって水を集めるということでしょうか。

花言葉は「捨てられた恋人」「 愚者」とか・・・。
チョット悲しいね~    

<20100515    >
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック