私の好きな歯医者さん!!

ここでは、「私の好きな歯医者さん!!」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
私の歯を守ってくれる若くて可愛い歯医者さん。
3ヶ月毎にお世話になっています。
   歯医者さん
     マスクしていない素顔、見たいな~

「こんにちは!元気してた?」
「ウン。元気だよ。やっと○○○ちゃん(歯医者さん)の顔見られたね!」
こんな会話から始まって診察開始。
「アラッ、見つけちゃった!」
「エ~、隠しておいたのに見つかっちゃった。又、ゴリゴリやるの。あ~あ!」
こんな風にして、虫歯が出来たことを教えてくれる。
 
そして歯のお掃除
彼女の顔がおいらの顔に迫ってくる。
マスクしてなければ良いのに・・・と不穏な心がときめく。
口を大きく開けたおいらの顔、きっとみっともない顔してるんだろうな~。
「少し黄ばみしているわよ!」
「あ~、タバコ吸わないからそれはコーヒーの茶渋かな~」
「もう少しちゃんと磨いてね!」
「すみません!」
やっぱり、謝る羽目になってしまうのが落ちのようだ。
歯を綺麗に磨けないけど、
○○○ちゃんにお掃除してもらうのも定期健診の楽しみなのかも

おかげで今のところ入れ歯もインプラントもしていない。
おいらは歯ごたえのある食材が好き。咬み咬みして食べる。美味しいね~。

歯の病気といえばもっとも怖い歯周病 
   

歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、
歯肉に炎症を引き起こし、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう。
さらに、歯周病は全身に及ぼす影響があるという。
①歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する。
②歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易い。
③歯周病は糖尿病の合併症の一つ。
④歯周病菌の死骸の持つ内毒素は、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の
   働きを邪魔する。
  等々。
歯周病を予防することが、全身の生活習慣病を予防することにつながるという
わけだね。
歯周病の原因は、日頃の歯磨きのブラッシングが不十分で歯垢(プラーク)が
除去できないためなのだ。

歯の黄ばみ

黄ばみ・黒ずみの色素沈着した歯は何とも不潔な感じがします。
もともと、日本人の歯は、表面のエナメル質が薄いため、下の象牙質の色が透けて
黄色っぽく見えがち。歯の黄ばみは、おもに体質や加齢と、食べ物、タバコなどの
ヤニなどで歯の表面に付着するする汚れ(ステイン)が原因。

歯並びの良い人も綺麗ですが、色素沈着の無い白い歯の人はもっと素敵。
清潔な感じがして良いですね。

歯の表面に薬剤を塗布し歯についた色素を分解して白くするホワイトニングがあるが、
やっぱり歯磨きが基本だね。歯磨きの注意は、
①歯を白くしようとしてゴシゴシ磨くと、歯の表面のエナメル質が薄くなり、
 黄色みを帯びた象牙質の色が透けて、より歯が黄色く見えるので要注意だよ。
②飲食物に含まれる酸は、歯の表面のエナメル質を柔らかくしてしまう。
 すぐに歯磨きをしてしまうと、エナメル質を傷つけてしまう可能性があるので、
  歯磨きは食後30分~1時間の間に行うのがベスト。
③研磨剤が少なくフッ素などエナメル質を保護する成分が入った歯磨き剤を選ぼう。
④歯磨きの後にしっかり口をゆすいでしまうと、フッ素などの有効成分まで洗い
  流されてしまうよ。理想的な歯磨きは2度磨き。1度目は歯についた汚れを
   落とすブラッシング、2度目は歯磨き剤を歯に薄くコーティングする意識で、
   最後は軽く ゆすぐようにする。
     
歯周病予防の基本はプラークコントロール。歯の黄ばみ予防は色素沈着の除去。
結局、日頃の歯磨きを丁寧にしっかりすることに尽きますね~。
そして、歯科医による歯周病チェックと治療を行うということでしょうか。


おいらにこれらのケアできるかな~。無理かも。でも気にしながら歯磨きしょう。

やっぱり頼りは、私の健康を守ってくれる可愛いガードマン(歯医者さん)。
これからもよろしくお願いします。

(20140128 
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック