西九州周遊の旅④ ~雲仙~

ここでは、「西九州周遊の旅④ ~雲仙~」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
雲仙
雲仙は昭和2年に日本新八景山岳の部で1位になり、
昭和9年にはわが国で最初の国立公園に指定されました。
昔から自然が大切に守られてきた雲仙は、野鳥や高原植物の宝庫、
自然の大図鑑となっている。


雲仙地獄めぐり

雲仙地獄谷2 雲仙地獄谷1
今も活発に噴気を上げている雲仙地獄。周囲には硫黄の臭いが漂う。
旧火山の中央火口丘に、大叫喚、お糸、清七など30余の硫気孔より熱湯を噴出。
雲仙温泉街の中心にあり、白い土におおわれていた。
ここからわきだす温泉の泉質は硫黄泉。
温泉の最高温度は98度、湯けむりの温度は120度にまで達するそうだ。
地球の息吹を感じるな~。  
 
仁田峠
バンザ~イ ミヤマキリシマが満開だ
ピンクのじゅうたんを敷き詰めたような初夏の山肌を満喫

ミヤマキリシマ2  ミヤマキリシマ1


普賢岳 雲仙・普賢岳
1990年11月17日、普賢岳が198年ぶりに噴火。
1996年6月の終息宣言までに火砕流が9432回、
土石流も頻発し、島原市と深江町(現・南島原市)を
襲った。
噴火により隆起したドーム部分を「平成新山」と
名付けられた。


次回は「天草イルカウォッチング」です。

(20140608
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック