≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
Copyright
Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
天気予報
最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内の検索
FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!

blogram投票ボタン
リンク

このブログをリンクに追加する

Pika_Mouse
powered by
3ET
QRコード
QR
飛び回る小鳥たち

03/06(Fri)

「大いなる田舎」からの脱却 !? -2-

今回の記事は名古屋駅前の再開発ビルについて調べてみました。

JPタワー名古屋
 
 
旧名古屋郵便局  矢印  JPタワー名古屋
名古屋中央郵便局名古屋駅前分室(跡地)      2015年11月竣工予定

<新ビルの概要>
   
 高    さ-約196m
 階   数-(高層棟)地上40階、地下3階 (低層棟)地上11階、地下1階
 建築主ー日本郵政、名工建設
 用   途-高層棟 商業施設(低階層と地階)、郵便局(1階)、オフィス(中・高層階)
    
         低層棟 駐車場、駐輪場
 特   徴ー歩行者通路に接続しJR名古屋駅、バスターミナルと直結。
         地下鉄、名鉄、近鉄とも地下通路でつながる。


JRゲートタワー 
旧名古屋ターミナル  矢印  JRゲートタワー
旧「名古屋ターミナルビル」(跡地)            2017年春竣工予定
バスターミナルや松坂屋名古屋駅店、
ホテルアソシア名古屋ターミナル、
愛知県旅券センターなどが入居していました。

<新ビルの概要>
 高    さ-約211m (注)最高部約220mの可能性あり
 階    数-地上46階、地下6階
 建築主-東海旅客鉄道(JR東海)、ジェイアールセントラルビル(株)
 用    途-駐車場、バスターミナル(1階)、商業施設(2~13階)
         ホテル(約350室:15階および18~24階)
         オフィス(15階および26~44階)
 特   徴ー既存の「JRセントラルタワーズ」と接続

大名古屋ビルヂング 
旧大ナゴヤビルヂンク    矢印   大ナゴヤビルヂング 
旧大名古屋ビルヂング(跡地)
                        2015年10月末竣工予定

<新ビルの概要>
 高    さ-約175m 階数-地上34階、地下4階
  建築主ー三菱地所
 用   途-オフィス(5階以上)、商業施設(地下1階~4階)
 特   徴ー駅前のシンボルとして親しまれ、地元民の愛着もある
         旧「大名古屋ビルヂング」の名前を継承することとなった。
              “大名古屋”の由来には諸説あるが、当時すでに『名古屋ビル』という
               建物が存在していたため、『大名古屋ビルヂング』という名称が
               採用されたと伝えられているそうだ。

既存の「JRセントラルタワーズ」と「ミッドランドスクエア」などとあわせて、
名古屋駅の風景は、さながらニューヨーク・マンハッタンのように
生まれ変わるのであろうか?

名古屋駅前周辺の超高層ビルランキング
           ( 名    称 )           (高さ)        (階数)     (竣工)
 1  ミッドランド スクエア            247.00m   47階  2006年09月
 2   JRセントラルタワーズ・オフィス棟   245.1m     51階 1999年12月
 3   JRセントラルタワーズ・ホテル棟     226.0m    53階  1999年12月

NEW  JRゲートタワー                  211.10m   46階    2017年02月予定
NEW JPタワー名古屋                           195.74m   40階    2015年11月予定
 4  名古屋ルーセントタワー                180.20m    40階    2007年01月
NEW 大名古屋ビルヂング                     174.70m    34階    2015年10月末予定
 5   モード学園スパイラルタワーズ       170.00m     36階   2008年02月
NEW 新・第二豊田ビル                       114.597m   25階   2016年06月予定
 ・  
住友生命名古屋ビル                    102m         26階   1974年
1974年(昭和49年)に名古屋で初めて高さが100mを越す超高層ビルとして
建設された草分け的存在の「住友生命名古屋ビル」も、今のランキングでは
下位となってきた。

更に続く 名鉄名古屋駅ビルの再開発案がある。
リニア開通に伴い、開業する2027年までの完成をめざし、名鉄百貨店本館や
近鉄パッセ、ヤマダ電機が入る三井不動産のビルなど5棟を全て解体し、
一体で建て替える計画で2014年12月に報道陣向けに大まかな概要が発表された。
規模は50~60階建てで、名古屋駅周辺で最も高い超高層ビルとなる予定という。


長年“大いなる田舎”と呼ばれてきた名古屋が、大都市へと生まれ変わる瞬間が
訪れることになりそうだが・・・。

さて、名古屋はなぜ「大いなる田舎」と呼ばれているのか?
名古屋市から一歩出ただけで田んぼが沢山あるとか、名古屋人の保守的、排他的な
性格からともいわれているようですが・・・。
首都圏では道路が狭く高層ビルが立ち並び、鉄道網が縦横に張り巡らされ、
政治、経済の中心地として、沢山の人々がひしめきあって暮らしている。
首都圏から見て、都市圏規模の大きさから地方を見下す傾向にあったのでは?
しかし、雑多なビルの谷間で暮らす人達も、野や山に、海に、自然を求めて旅に出て、
自然とふれあい、地方の人達とふれあい、束の間のひとときの安らぎに心癒される。
所詮、人間も小さな星”地球”に住む万物の一員でしかありません。
自然との共生、人と人との絆、田んぼが近くにあろうと、住みやすい街であれば、
たとえ田舎と呼ばれ卑下されても、決して卑屈になるのではなく、これからも
「大いなる田舎」を誇りに思い、名古屋駅前の再開発で経済を発展させながら、
田舎暮らしをエンジョイしていけば良いのではないでしょうかね。

(20150306  )
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ