つもりちがい

ここでは、「つもりちがい」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫

つもり10条 

つもりちがい人間とは、
教養・知識も無いのに偉そうにして、欲ばかり強く、人のことなどお構いなし、
厚かましく、気力・精神力の無い自己中心的我儘。
道理をわきまえない、役にたたない人間といったところでしょうか?

似たような言葉で、仏教には、三毒(とんじんという言葉があります。
  ・貪
=むさぼり(欲深く物をほしがること、際限なくほしがること)
  ・
=怒り(自己中心的な心で、怒ったり腹を立てること
  ・
(真理に対する無知の心、道理をわきまえない愚かな心
  貪・瞋・癡は、人間が産まれた時から本能的に持っている心。
だから、心を汚し毒する三大煩悩ゆえに、人間は迷い、怒りを覚え、
苦しみに耐えて生きていかなければならないという。

「おれおれ詐欺」や「振り込め詐欺」などの、人をだます詐欺事件が、
日本の重症の現代病となっています。こうした詐欺を働く人は、
まさに、三毒から抜け出せない心の汚れた人たちなのでしょう。

釈迦は、
「此(煩悩)があれば彼(苦)があり、此(煩悩)がなければ彼(苦)がない、
此(煩悩)が生ずれば彼(苦)が生じ、此(煩悩)が滅すれば彼(苦)が滅す」
という「此縁性縁起」(しえんしょうえんぎ)を説いていますが、
人を苦しめた人は、いつかその苦しみが自分に還ってくるということなのです。

処方箋は
「道理をわきまえた明らかな知恵」となるようで、
自分の好き嫌いに合わせて世界が動いている訳ではないから、
道理をわきまえて道理に自分を合わせていくことが
求められているのというわけです。
「道理をわきまえる」とは難しい課題のようです・・・。


抑止力のつもりで振り上げた拳(武器)が、つもりちがいで道がそれ
心に反して人の怒りを買い、憎しみの連鎖を起こし、やがて自分を苦しめる
結果を招くような此縁性縁起になってはいけない。
武器にたよることが「道理をわきまえた明らかな知恵」であろうか?

対抗意識ではなく、常に喜んで人の役に立つように気を配り、
驕らず質素でも笑顔の耐えない環境に暮らし、
感情に流されず、人が良い方向に行くように努め、
愚かな結果を招くような言動を慎まなければいけないのでは・・・と。

自分で気が付かないうちに、つもりちがい人間になっていないであろうか?
つもりちがいの人間にならないよう、いつも自ら見つめなくてはいけませんね!!。

(20150701)



この記事へのコメント
格言は勉強になりますね。
2015/07/04(土) 07:05 | URL | グッチ #-[ 編集]
格言の知恵をもとに、省みることが必要かもしれませんね!!
2015/07/04(土) 17:42 | URL | へっぽこ夢太郎♪♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック