≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
Copyright
Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.
天気予報
最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内の検索
FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!

blogram投票ボタン
リンク

このブログをリンクに追加する

Pika_Mouse
powered by
3ET
QRコード
QR
飛び回る小鳥たち

08/01(Sat)

民家の人生訓

ここはお庭の広い木造伝統工法「本屋普請」の民家!?
民家 郷  

玄関に入ると夏らしい作品と、ユニークなオブジェが出迎えてくれました
郷オブジェ1    郷オブジェ2
       笑顔が絶えなく、こんなジジババのように長生き出来たらいいかもね!


そして、玄関ホール、廊下などにはいろいろな額が掲示されていました。

  郷人生訓2 
   確かに、生きているといろんな事があるよね~!

  郷人生訓3
   人間は一人では幸せになれないんだ。人と人との間で・・・、

  郷人生訓1
   感謝と笑顔があれば幸せになれるんだ。

    郷人生訓5
   一生、悟れなくてもいいから、何かに感動して、自分の心と命を燃やして生き、

  郷人生訓4 
    二度とない人生、戦争のない世を若い人たちに残していこうと。

人と人との関係で、笑顔の絶えない素朴な人生訓は、国と国との関係においても
平和を守る原点のメッセージであったような気がします。

とある国では、安保法制で揺れ動いていますが、
この法案が理解されないのは、個別的自衛権を越えて、何か無理な論理があって
説明つかないのであろう。
地球のあちこちに出かけて行って、攻められてもいないのに、
自分を守るためとばかりに銃を向ける。
銃を向ければ、相手も銃を向けてくる。
そこには敵対心が生まれ、憎しみの連鎖が生まれるだけ。
武器を持って、対抗心を煽る抑止力に真の平和が訪れるでしょうか?
銃を使わないで、銃を向けられない抑止力とはないものでしょうか?
感謝の気持ちを持って手を取りあう抑止力はないものでしょうか?
本当に、戦争のない世を若い人たちに残せるのかな~?

さて、この民家は創作和食の食事処でした。
床の間と縁側がある座敷で、厚い一枚板の座卓に並べられた料理を囲んで・・・。
刺身、鮎の塩焼きは勿論、旬の素材を生かした創作料理。
大きな皿に氷を入れて冷やしてある「茶碗蒸し」?
いえいえ、「茶碗蒸し」ではなく「とうもろこしとエビのすり流し」でした。
松葉に枝豆を指したトッピング等々、こだわりが凝らしてありました。
のんびりと、ゆったりと、料理に舌鼓をしていたら、
料理の写真を撮り納めるの忘れてしまいました。
        郷爪楊枝  
    
(額写真は映り込みがあったため、荒業で補正しています)

(20150801  )
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
 

なかなかの名文句ばかりで随分参考になります。

 

Re: タイトルなし

素朴な文句ですが、奥深い志みたいな響きがあり心に届きますね!

 
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ