東欧の旅写真⑤ ~トロギール~

ここでは、「東欧の旅写真⑤ ~トロギール~」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
まるで時が止まったような運河に浮かぶ世界遺産の古都。
城壁に囲まれた島全体がトロギールの旧市街。

トロギール 

クルクル・チリチリ頭のユニークで素敵な
お姉さんがガイドしてくれましす。
「街を見下ろす鐘楼と巨匠が手掛けたロマネスク彫刻がみどころよ!」

北門
トロギール2

「本土から橋を渡ってすぐ、
旧市街の入り口、北門から
入りましょう。」


聖ロブロ大聖堂
トロギール11  トロギール3
「ヴェネチアの攻撃で損傷した後に、少しずつ修復されたの。
塔の1階はゴシック様式、2階はヴェネツィアンゴシック様式、
3階は後期ルネッサンスのマニエリスムの影響が見られる
珍しい建築となりましたのよ。」
「鐘楼の階段は凄いことになっているの。狭くて、急で、梯子みたいで・・・。
登り口に『鐘楼に登るのは自己責任で』という注意書もあるわ。
でも、鐘楼からのトロギールの眺望は絶景よ 
勇気出して行ってみる


トロギール4 トロギール5 トロギール6 
「正面入り口に施された彫刻はロマネスク美術の傑作です。
巨匠ラドヴァンの作品で聖書の物語など精密な彫刻が施されているわ!」
「よく見て!ライオン像の上。ライオンはヴェネツィアのシンボルですが、
ほら、アダムとイヴが立っているでしょ!大事なところ隠して・・・ウフフ!


聖イヴァン礼拝堂
トロギール7 
「ねえ!あなたたち、
守護神に天井から見られていますよ!」


トロギール8
「正面は町の守護聖人である聖イヴァンの石棺です」

屋根付きの憩いの場 ロッジア
トロギール9 トロギール10
「ここは会議や裁判の公式行事にも使われていましたの!」
「正面は裁判時の裁判官席。右側は王様の騎士像の彫刻です。」
「三人の男性アカペラ合唱隊であるクラパが、美しいハーモニーを
披露してくれましたね」

時計塔に隣接する市庁舎    
トロギール12
「13世紀から14世紀に建てられた
後期ルネサンス様式です」
「結婚の受付もしてくれるわ。
最近のクロアチアでは、教会で
結婚式も挙げずに、市役所へ
届け出を出すだけのカップルも多いの。
日本はどうかしら?」


「旅行 楽しんでいってね! ばいば~い

(20160714     )


この記事へのコメント
拝見いたしました、なかなか良い処ですね、一度、行ってみたい衝動に駆られます。お天気も良かったみたいで東欧のスケールが感じられます。
有難うございます。
2016/07/15(金) 08:48 | URL | グッチ #-[ 編集]
歴史に刻まれた旧市街の情景に感動。一度、行ってみてください。
2016/07/15(金) 14:43 | URL | へっぽこ夢太郎♪♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック