★☆ 夏の夜空といえば花火、素敵な花火を打ち上げましょう! ** パーツ下部のアイコンをクリックすると、花火の色や形を変えたり出来るので時間があるときに遊んでみてね! **

Copyright

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.

天気予報

最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内の検索

FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン

リンク

Pika_Mouse

powered by
3ET

QRコード

QR

飛び回る小鳥たち

まとめ
≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市。
古代ローマ皇帝が造った1700年前の遺跡と、
そこに住む人々の営みが渾然一体となった不思議な街並みと情景を作り出している。

スプリット1 スプリット2
世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿」    ローマ時代はこんな姿、鐘楼が無い

スプリット3 
     「スプリットは、入れ墨の私が案内しますよ!

     日本では怖い人のイメージがあるそうですが、
    
        入れ墨はファッションよ!
     
        どう!? カッコいいでしょ」 
 

「城壁には東西南北、金(北)、銀(東)、鉄(西)、青銅(南)の4つの門があるのよ」

スプリット4   スプリット5 
鉄の門から階段を下りた宮殿の地下倉庫 
右写真はスプリットに宮殿を築いたディオクレティアヌス帝の像。
「彼は、キリスト教を弾圧したためキリスト教徒から最も憎まれる
皇帝のひとりになっちゃたわ」 

 スプリット6 スプリット7
                             オリーブオイルの製造図と石造りの圧搾機  

       スプリット8            スプリット9 
      大聖堂(八角形の建物) 鐘楼は13~14世紀にかけて建てられた。
      入口扉は、28枚のパネルにキリストの生涯が表現されている。

      スプリット10   スプリット11 
            聖堂内部               聖ドムニウスの祭壇

スプリット12
ディオクレティアヌス帝より
最高神ユピテルに捧げる神殿として
建てられたが、のちに大聖堂の
洗礼室として改築された。
天井に掘られた 精密な彫刻が必見。



 スプリット13  スプリット14  スプリット15 
                  狭い路地  「地震が起こったら怖いわね~!」


  スプリット16     スプリット17
金の門(大都市サロナへ続く表玄関)     グルグールの像
「グルグール司教はクロアチアの英雄の一人で、像の左足の親指に触れると 幸運が
訪れるといわれ、多くの人が願かけにやってくるの!指に触れていくといいわよ!」


スプリット19  スプリット18
「バイバイ!」 


(20160720   )

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< 東欧の旅写真⑦~モスタル~ | ホーム | 東欧の旅写真⑤ ~トロギール~ >>

コメント

素晴らしい風景

国民性の違いとはいえ刺青は承服できません、日本人にもいますがファッションの一部なのですかね?

Re: 素晴らしい風景

外国人には刺青の人を多く見かけます。本人はファッションと言っていましたが・・・。
身体を傷つけるという面では抵抗感ありますが、さてさて、どうなんでしょう???

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム