★☆ 夏の夜空といえば花火、素敵な花火を打ち上げましょう! ** パーツ下部のアイコンをクリックすると、花火の色や形を変えたり出来るので時間があるときに遊んでみてね! **

Copyright

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.

天気予報

最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内の検索

FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン

リンク

Pika_Mouse

powered by
3ET

QRコード

QR

飛び回る小鳥たち

まとめ
≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
 城壁一周ウオーキング

市街を取り囲む城壁が築かれたのは8世紀ごろ。
その後、街の発展と伴い少しずつ拡張され16世紀ごろに現在の姿となる。
1周2kmの遊歩道。要塞ごとに階段の上り下りがあるのでマイペースで歩こう。


ドゥブロヴニク22 
 城壁への入り口は3ヵ所。ピレ門から上る。
 階段の幅は狭く、観光客が多く歩きにくい。
 勾配もかなりきつい。
 城壁の高さは、高い所で25mに達する。



ドゥブロヴニク23
ピレ門の階段を上ると出会える光景
左側はプラッツア通りと、フランシスコ修道院・鐘楼

ドゥブロヴニク24  ドゥブロヴニク25
ロヴリイェナツ要塞(海抜37m)     ボカール要塞(右手前)    

ドゥブロヴニク26   ドゥブロヴニク27 
内戦の傷跡に暮らす住民
1991年12月、突然この街に旧ユーゴ連邦軍による砲弾が浴びせられた。
その数2000発。旧市街多くの建物が破壊され、たくさんの市民が犠牲になった。
砲撃後、数年がかりで街は修復され、かっての姿を取り戻してきたが、今も
屋根瓦の色の違いが内戦の傷跡を物語っている。


ドゥブロヴニク28  ドゥブロヴニク29  ドゥブロヴニク30 
街を守る大砲     アドリア海にそそり立つ城壁  パブリックビーチ
城壁と海に挟まれた絶壁のわずかなスペースに張り付くようなビーチ。


ドゥブロヴニク31      ドゥブロヴニク32
ルシャ広場の鐘楼                 旧港         

ドゥブロヴニク33
ミンチェタ要塞からの光景 向こうに見える島はロクルム島




アドリア海ミニクルーズ

ドゥブロヴニク34
船から眺めるドゥブロヴニク旧市街の光景

船はロクルム島へ。無人島のロクルム島はビーチリゾート島、砂浜は無く岩場。

 ハッツ 目に飛び込んできた光景にびっくりポンや
それは内緒です。ご関心のある方はドゥブロヴニクへ足を運んでご確認を
又は、ネットや旅行誌で調べられるかもね
後日、動画編集でご紹介で出来るかな~???

さて、東欧の旅写真は今回で完結です。ご訪問有難うございました。

(20160809  )

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< リトルワールド サマーナイトカーニバル 201608 | ホーム | 東欧の旅写真⑨~ドゥブロヴニク (2) ~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム