宮古島の旅写真

ここでは、「宮古島の旅写真」 に関する記事を紹介しています。
≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
 南西諸島西部の島嶼宮古列島に属し、先島諸島の一部を成す。
東経125度、北緯24度に位置し、太平洋東シナ海の間にある宮古

約1万5千年前から4千年前にでき上がった隆起珊瑚礁の島。
主として
石灰岩からなる台地の島の面積は158.87 k㎡。
山も川もない平らな島であるにもかかわらず水に不自由はしていない。
それは、
珊瑚礁が発達してできた琉球石灰岩は多くの空隙を含んでおり、
水を通しやすいため地下に豊富な水を貯める地下ダムがつくられている。


「宮古(ミヤコ)」という地名は、元は「ミヤク」であったと考えられ、
「ミ(自分[?])」「ヤ(住んでいる)」「ク(場所・村)」という意味。
近隣の池間島には1,425m、伊良部島は3,540m、
来間島は1,690mの、海の上にかかる大橋で結ばれている。
青い空、エメラルドグリーンのサンゴ礁の海、まっ白な砂浜のビーチ。
美しい海に突き出した岬。豊かな自然が織りなす美しさとともに、
トライアスロン大会で地元ボランティアの人々の優しくあたたかな
人情が感じられる島なのです。


宮古島の気候の特色は、沖縄独特の年間温度差が小さい。
5月になると梅雨に入り、6月まで雨季となる。
旅に出た日はなんと晴れ間が2日続いた。おいらは晴れ男なんだと自負。
真夏のような青い空にくっきりと浮かぶ雲はないが、
5月、美しいミヤクの旅写真を撮ることができた。

宮古島東平安名崎
東平安名崎

宮古島東平安名崎灯台   宮古島東平安名崎鉄砲ユリ
東平安名崎灯台          鉄砲ユリ(5月開花)
パウダーのような白い砂の「砂山ビーチ」

宮古島伊良部大橋 宮古島来間大橋 宮古島池間大橋 
伊良部大橋(3,540m)車窓     来間大橋(1,690m)  池間大橋(1,425m)曇り空



(20170601

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック