★☆ 夏の夜空といえば花火、素敵な花火を打ち上げましょう! ** パーツ下部のアイコンをクリックすると、花火の色や形を変えたり出来るので時間があるときに遊んでみてね! **

Copyright

Ⓒ 2010 気まぐれな一期一會.

天気予報

最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内の検索

FC2カウンター

★人目のご訪問者です★

biogrom

ポチッと投票ボタンを押してね!
blogram投票ボタン

リンク

Pika_Mouse

powered by
3ET

QRコード

QR

飛び回る小鳥たち

まとめ
≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
イタリアの彫刻や絵画には聖書の逸話を題材にした作品が多いですね。

ところで、イエスキリストの母親はマリア様ですが…父親は誰なのでしょう
NHK BS ハイビジョン放送「イタリア7つの輝き」を視聴していたら
と疑問がわきあがり、ネットで調べてみたら次のような記事がありました。

「宗教」上では
キリスト教ではイエスは救世主であり、処女でありながら
マリアが聖霊によって身ごもった神の子。
イエス・キリストの父親は唯一の神「エホバ」ですが、
性行為をすることなく神様の子だねを授けたということになります。
新約聖書は人為的に編集してキリストを神の子に仕立て上げたものであり、
神の子らしくない部分などは焼却されたともありますが・・・。

ユダヤ教だと人間扱いなので、マリアの夫であるヨセフという大工が父親になるという。

「マリア」という映画の関連ブログ はこちら
http://cinqvoix.air-nifty.com/blog/2007/12/post_1804.html

「宗教」上の意味を外れるなら
キリスト教関係者から叱られてしまいそうなことですが、

この問題に真正面から取り組んだ大学教授が、キリストが生存していた当時の
種々の古文書を研究したところ、マリアは売春婦をしていたのであって、
その営みの中で妊娠したと。エ~!!

近頃は、「父親は、侵入して来たギリシャ兵だろう」という説が有力なのだそうです。
それによれば、手込めにされ妊娠してしまったマリアを、夫のヨゼフは憐れみ、
「知らぬ事」にして父となった可能性が高いのだとか。 マジ~?

キリスト教信者の夢をぶち壊してしまう記事を紹介したようでゴメンなさい。
 
いろいろ説があるようですが、神聖なお話、 謎のヴェールに包まれたままにして、
マリア様のイメージを壊さぬよう余り追及しないほうがいいかも・・・ね!

(20110201)       ▲ぺージの先頭へ戻る

<< 冬の山 | ホーム | カテゴリの変更 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム